UA-9383280-1
ライクス Rijk's南アフリカの内陸ならではのちょっとオーストラリアをイメージさせるような濃密で樽の効いた風味が特徴だがけっしていやらしくなく質感は非常に良い。
しっかり系のぐっとくるワインがお好きな方にはまさに最適のワイン。
ただ濃いだけではなく質感が素晴らしく状態が良ければ甘ったるさなどまるでない。
ピノ・タージュにおいては南アフリカ最高のワインである。
ライクス1 Rijk's南アフリカの内陸ならではのちょっとオーストラリアをイメージさせるような濃密で樽の効いた風味が特徴だがけっしていやらしくなく質感は非常に良い。
しっかり系のぐっとくるワインがお好きな方にはまさに最適のワイン。
ただ濃いだけではなく質感が素晴らしく状態が良ければ甘ったるさなどまるでない。
ピノ・タージュにおいては南アフリカ最高のワインである。
ライクス2 Rijk's南アフリカの内陸ならではのちょっとオーストラリアをイメージさせるような濃密で樽の効いた風味が特徴だがけっしていやらしくなく質感は非常に良い。
しっかり系のぐっとくるワインがお好きな方にはまさに最適のワイン。
ただ濃いだけではなく質感が素晴らしく状態が良ければ甘ったるさなどまるでない。
ピノ・タージュにおいては南アフリカ最高のワインである。
 南アフリカの内陸ならではのちょっとオーストラリアをイメージさせるような濃密で樽の効いた風味が特徴だがけっしていやらしくなく質感は非常に良い。
しっかり系のぐっとくるワインがお好きな方にはまさに最適のワイン。
ただ濃いだけではなく質感が素晴らしく状態が良ければ甘ったるさなどまるでない。
ピノ・タージュにおいては南アフリカ最高のワインである。
Pinotage Private Cellar  2013

Sold Out

Pinotage Private Cellar  2013
ピノタージュ・プライヴェート・セラー [2013]
低収量、水はけのよい垂直泥板岩/片岩 西北西向き、東向き
夜摘みで、フレーバーを失わないように手摘み
醸造:色と果実味を抽出するために発酵前に48時間の低温浸漬を行います。発酵中、抽出はピジャージュを1日に3回実地します。発酵が終了する前に果皮は優しくプレスします。マロラクティック発酵は樽の中で施します。樽熟成は22か月で60%フランチオーク樽、40%がアメリカンオーク樽使用。全体の50%は新樽。30%は2年樽、20%が3年樽。年産:2100本
テースティング・ノート: このワールドクラスのワインは深いルビー色をしています。レッドベリー、チェリー、プラムのアロマが心地よく、一方で純粋なピノタージュの果実味がしっかりと骨格をなしています。
Shiraz Reserve 2010

Sold Out

Shiraz Reserve 2010
シラーズ・リザーヴ [2010]
低収量、水はけのよい垂直泥板岩/片岩 西向き、東向き
夜摘みで、フレーバーを失わないように手摘み
醸造:色と果実味を抽出するために発酵前に48時間の低温浸漬を行います。抽出はポンピング・オーヴァーとピジャージュの組み合わせで1日に3回実地します。マロラクティック発酵は樽の中で施します。樽熟成は20か月で300Lのフランス産オーク樽を使用。66%は新樽、34%は2年樽です。年産:2100本
テースティング・ノート: あかね色のワインでスパイスと黒果実の複雑なアロマを放ちます。何層にも重なりあったリッチな味わいで、スムーズでシルキーなタンニンがあります。僅かにオークのフレヴァーがあり、果実味と調和をなしています。
Pinotage Reserve 2014

Sold Out

Pinotage Reserve 2014
ピノタージュ・リザーヴ [2014]
低収量、水はけのよい垂直泥板岩/片岩 西北西向き、東向き
夜摘みで、フレーバーを失わないように手摘み
醸造:色と果実味を抽出するために発酵前に48時間の低温浸漬を行います。発酵中、抽出はピジャージュを1日に3回実地します。発酵が終了する前に果皮は優しくプレスします。マロラクティック発酵は樽の中で施します。樽熟成は20 か月で60%フレンチオークの新樽、40%がフレンチオークの2年樽使用。このワインは最良の厳選10樽のブレンドで造られています。年産:4080本

Pinotage Touch of Oak 2015

Sold Out

Pinotage Touch of Oak 2015
ピノタージュ・タッチ・オブ・オーク [2015]
夜摘みで、フレーバーを失わないように手摘み
醸造:色と果実味を抽出するために発酵前に48時間の低温浸漬を行います。発酵中、抽出はピジャージュを1日に3回実地します。発酵が終了する前に果皮は優しくプレスします。マロラクティック発酵は樽の中で施します。フレンチオークで熟成は16か月。全体の20%は2年樽、60%が3年樽、20%が4年樽。
テースティング・ノート: 赤紫系の果実、桑の実、ブラックチェリー、バニラのアロマが心地よいミディアムボディのワイン。穏やかで優しいオークの風味が全体をまとめています。
 
  

ライクスとは

 
 

詳細・歴史

ネヴィル・ドリントン氏がケープ・タウンで20年間働いた後、第二の人生を田舎で、と思い立った時、健啖家であったことから、ブドウ栽培をしようと決意しました。タルバッハは、スワートランドよりやや内陸寄りにあり、やはりカルトワインの産地となっています。土壌をリサーチをし、136 haの手つかずの未開墾の土地に決定し、灌漑し1996年に設立しました。
 

畑全体は片岩でできています。540万年前の地質的なズレから生じた衝撃により泥板岩の堆積層が垂直になり、水はけのよい土壌となりました。300mmの表土の下には薄い粘土質層があり、そこから垂直に泥板岩があります。この薄い粘土層が土壌の水分保持に役立っています。

根が伸びていけるように、植樹する前にブルドーザーで1.5m深さまで泥板岩を引き裂きました。適切な排水を確保するために、各ブロックごと、底にトレンチ排水を設置しました。泥板岩は保水性がよくないので、灌漑後や25mmほどの降雨から5~6日もすると土壌は干上がります。これが高品質なブドウを生育できる利点となっています。成長が必要なブロックには最良のタイミングで灌漑し、果実を凝縮させたい場合は、水分を制限するといった具合です。
この泥板岩のもう一つの利点はPHの少ないワインに仕上がるといういことで、結果、よく熟成するワインになります。
設立当初は国際品種も植えましたが、2000年にはそれらを除去し、畑に最も適していると考えられるシュナン・ブラン、ピノタージュ、シラーズに専念しています。

 
Wine Shop WINEHOLIC

Wine Sop WINEHOLIC

UA-9383280-1