ガブリエルスクルーフ Gabrielskloof現在は娘婿であるクリスタルムのピーターアランがワインを手がけています。
あれのセンスが溢れたワインとして注目です!
クリスタルム
ガブリエルスクルーフ1 Gabrielskloof現在は娘婿であるクリスタルムのピーターアランがワインを手がけています。
あれのセンスが溢れたワインとして注目です!
クリスタルム
ガブリエルスクルーフ2 Gabrielskloof現在は娘婿であるクリスタルムのピーターアランがワインを手がけています。
あれのセンスが溢れたワインとして注目です!
クリスタルム
ガブリエルスクルーフ3 Gabrielskloof現在は娘婿であるクリスタルムのピーターアランがワインを手がけています。
あれのセンスが溢れたワインとして注目です!
クリスタルム
現在は娘婿であるクリスタルムのピーターアランがワインを手がけています。
あれのセンスが溢れたワインとして注目です!
Magdalene 2016

Sold out

The Blend 2016
ザ・ブレンド 2016
【品種】カベルネ・ソーヴィニョン51%、カベルネ・フラン18%、マルベック17%、プティ・ヴェルド14%
【産地】ボット・リヴァー地区
【収穫】手摘み  【全房使用率】100%
【発酵・熟成】2年・3年使用のフレンチオークにて18カ月発酵・熟成
アルコール度数:14.5%
Landscape Cabernet Franc 2016
ランドスケープ・カベルネ・フラン 2016
ガブリエルスクルーフのフラッグシップ、ランドスケープ・シリーズの1つ。
【品種】カベルネ・フラン100%画像を選択
【産地】ボット・リヴァー地区
【畑】山地に位置しており、斜面に面する自社所有の単一畑(15年)
【収穫】手摘みし、低温で管理された室内にて一晩置く。  
【全房使用率】10%
【発酵・熟成】500ℓの大樽と30%はフレンチオークの新樽にて18カ月発酵・熟成
【2016】2016年は記録的に暑く乾燥していました。適切なタイミングで灌漑を行うことが、ブドウを完熟させる上で極めて重要でした。その結果、ガブリエルスクルーフは干ばつの被害を免れることができました。収量は例年より落ち、ブドウの粒はとても小さく成り、通常よりも優しく扱い、果汁を抽出することが要されました。
【テイスティング・ノート】カベルネ・フランの特徴が素直に反映されたワインです。潰した葉、スミレ、土、スパイスのアロマ、エレガントで繊細、赤い果実のジューシーな果汁と生き生きした酸、細かいタンニンが調和された、引き締まっていて風味豊かな口当たりが心地よい仕上がりです。
アルコール度数:14.4%
Rosebud 2018
ローズバット 2018
淡く美しいロゼワイン
【品種】シラー 60%、ヴィオニエ 40% : 全て自社畑のブドウを使用しています。
【全房使用率】100%
【発酵】品種ごとに搾汁したのち、ブレンドしてから発酵。スキンコンタクト無し。
アルコール度数:12.5%

Magdalene 2016
マグダレナ [2016]
ガブリエルスクルーフのフラッグシップ、「ランドスケープ」 シリーズの1つ。
【品種①】ソーヴィニヨン・ブラン59% 産地:ボット・リヴァー地区 自社畑 樹齢:13年
【品種②】オールドヴァイン・セミヨン41% 産地:フランシュック地区 樹齢:34年
【醸造・熟成】品種ごとに行い、400ℓと500ℓの古樽にて10カ月、シュールリーにて熟成
アルコール度数:13.5%
Syrah on Sandstone 2015

Sold Out

Syrah on Sandstone 2015
シラー・オン・サンドストーン [2015]
シラー 100%
Alc. 13.72%
ガブリエルスクルーフのフラッグシップ、ランドスケープシリーズの一つ。
自社の所有する比較的山地形でサンドストーン土壌の単一畑からのシラー100%。
手摘みにて収穫。30%全房にて500L樽にて18ヶ月醗酵。30%はフレンチ・オークの新樽を使用します。
 
 

ガブリエルスクルーフとは

 
 

詳細・歴史

敏腕ビジネスマンだったバーナード・ヘインズによって2001年に創業されました。当初は、綿密な分析のもと、ボルドー・ブレンドなどのクラシカルなワインを生産し好評を得ていましたが、2014年からは彼の娘婿である「クリスタルム」のオーナー:ピーター・アラン・フィンレイソン氏が醸造長を務めており、よりフレッシュかつエレガントな、スタイリッシュなワインに生まれ変わりました。
自社が持つ2つの異なった土壌のシラーから、それぞれ単一キュヴェを造るなど、彼の探求心は絶えることがありません。

ワイナリー名の「ガブリエルスクルーフ」は、1842年に畑の初代オーナーとなった、ガブリエル・ル・ルーにちなんで名付けられました。醸造長のピーター・アラン・フィンレイソン氏は、「素晴らしいワインはセラー内ではなく畑で造られる」という信条のもと非常に手の込んだ農法で栽培に取り組み、その哲学に沿っ

て流通、雇用を維持しています。
現在畑には、シラー31%、カベルネ・ソーヴィニョン20%、ソーヴィニヨン・ブラン16%、マルベック3%、ムールヴェードル3%、プティ・ヴェルド2%、ピノ・ノワール1%が栽培されています。

醸造

全てのブドウは手摘みにて収穫され、全てのキュヴェにおいて、品種やヴィンテージ毎に全房、除梗の判断が異なります。
醸造・熟成に使用する樽はブルゴーニュの1か所の樽屋から購入したフレンチオーク樽で、極力自然に任せたアプロチを用い、天然酵母使用し、可能な限り不干渉主義で醸造されます。美しい貯蔵セラーに1118か月間寝かせられ、瓶詰の時を待ち、最低限且つ適正な量のSO2を用いてボトリングしていきます。

 
Wine Shop WINEHOLIC

Wine Sop WINEHOLIC

UA-9383280-1