ル・リッシュ・ワインズ Le Riche Winesカベルネソーヴィニョンの魔術師と呼ばれ今南アフリカで最も素晴らしいカベルネを作っています。
ただ濃厚なだけでなく非常に酒質が優れており滑らか。南アフリカでは外せない生産者の一人です。
ここのカベルネを飲むとかなりボルドー寄りの質の高さを認識できることに驚くでしょう。
代を継いだ息子さんは非常にきまじめで醸造も素晴らしい腕前を持っています。
ル・リッシュ・ワインズ1 Le Riche Winesカベルネソーヴィニョンの魔術師と呼ばれ今南アフリカで最も素晴らしいカベルネを作っています。
ただ濃厚なだけでなく非常に酒質が優れており滑らか。南アフリカでは外せない生産者の一人です。
ここのカベルネを飲むとかなりボルドー寄りの質の高さを認識できることに驚くでしょう。
代を継いだ息子さんは非常にきまじめで醸造も素晴らしい腕前を持っています。
 カベルネソーヴィニョンの魔術師と呼ばれ今南アフリカで最も素晴らしいカベルネを作っています。
ただ濃厚なだけでなく非常に酒質が優れており滑らか。南アフリカでは外せない生産者の一人です。
ここのカベルネを飲むとかなりボルドー寄りの質の高さを認識できることに驚くでしょう。
代を継いだ息子さんは非常にきまじめで醸造も素晴らしい腕前を持っています。
Cabernet Sauvignon 2016

Sold Out

Cabernet Sauvignon 2016
カベルネ・ソーヴィニヨン [2016]
【キュヴェ】ル・リッシュの柱となるキュヴェで、まさに「ステレンボッシュのカベルネ・ソーヴィニョン」
【品種】カベルネ・ソーヴィニヨン100%
【産地】W.Oステレンボッシュ:「Jonkershoek/ヨンカースフック」 「Firgrove,/ファーグルーヴ」
                 「Raithby/レスビ」 「Simonsberg/シモンズバーグ」
【土壌】砂質砂利土壌、風化した花崗岩(真砂土)、など地区によりバラエティに富む
【発酵】温度制御された開放式タンクにて、5日間、定期的に手作業でバトナージュとポンピングオーバーを行う
【マロラクティック発酵】コンクリートタンク使用
【熟成】フレンチオーク樽(225ℓ)にて24か月間、新樽比率:44%
【アロマ】熟したチェリーやフレッシュプラムなどのフルーツ、ミント、ヴァニラ、鉛筆の削りくず、杉のニュアンス
【味わい】ソフトでなめらかなタンニンによりしっかりとしたストラクチャーがあり、ジューシーな果実味と長いアフターが
      特徴的で、エレガントでありながらも、親しみやすいカベルネソーヴィニヨンです。5~8年以上熟成可能。
アルコール度数:14.54%
Cabernet Sauvignon Reserve 2015
カベルネ・ソーヴィニヨン・リザーヴ [2015]
【キュヴェ】「ル・リッシュ」のフラッグシップ・キュベ
【品種】カベルネ・ソーヴィニヨン100%
【産地】W.Oステレンボッシュ:「Firgrove,/ファーグルーヴ」 「Raithby/レスビ」
                 「Jonkershoek/ヨンカースフック」
【土壌】①「ファーグルーヴ」と「レズビ」:風化した花崗岩(真砂土)、砂質とローム質の二層土壌
    ②「ヨンカースフック」:西ケープ州独特の岩だらけの「Hutton/ハットン」土壌に頁岩が混ざった土壌
【畑立地】3つの畑はそれぞれ南向き、南西向き、北西向きで、標高は100~200m。全て海から5~15㎞の距離
      にあり、冷たい海風 の影響を受けます。
【樹齢】10~24年:樹齢を重ねた収量が少ない樹を優先  【収穫】手摘み
【発酵】温度制御された蓋つきの開放式タンクにて、特に厳選した酵母を使用し、5日間ピジャージュを施しながら
    最適な抽出を行う
【スキンコンタクト】タンクに蓋をし密閉された状態で10~14日間   【マロラクティック発酵】あり
【熟成】フレンチオーク樽(225ℓ)にて24か月、新樽比率:71%
【アロマ】スグリやカシスなどクラシックスタイルのカベルネソーヴィニヨン特有のアロマがたっぷりとあり、シダーや鉛筆
     の削りかす、ヒマラヤ杉のニュアンスなどが複雑に絡み合い、非常にエレガントな印象
【味わい】アタックに丸みを帯びたタンニンの骨格と完熟した果実の調和を楽しめ、たっぷりと旨味のあるジュースと
     長く美しい余韻があることから、このワインのパワーと非常に高いポテンシャルを感じ取れます。
     すでに美味しく飲めますが、更に5~10年熟成させてもさらに魅力的な味わいが楽しめます。
アルコール度数:14.5%
Richesse 2017
リッシェス [2017]
【品種】カベルネ・ソーヴィニヨン53%、サンソー15%、プティ・ヴェルド12%、マルベック10%、
    カベルネ・フラン9%、メルロー1%
【産地】ステレンボッシュ「Firgrove/ファーグルーヴ」  「Jonkershoek/ヨンカースフック」
              「Blaauwklippen/ブロウクリッペン」  「Helderberg/ヘルダーバーグ」
              「Bottelary/ボットラリー」
【発酵】品種ごとに分けられ、伝統的な開口式のコンクリートタンクにて、野生酵母による自然発酵
【マロラクティック発酵】あり
【熟成】ステップ1:品種ごとにフレンチオーク古樽(225ℓ)にて12カ月
    ステップ2:全てをブレンドし、フレンチオーク古樽(225ℓ、600ℓ、1500ℓ)にてさらに8か月
【アロマ】プラムやレッドチェリーの香りが特徴的で、赤果実のフレーバーとオーク樽由来のニュアンスが豊かで
    見事に調和しています。
【味わい】とても果実味豊かでジューシーで、繊細で丸みのあるシルキーなタンニンとのバランスがよく長い余韻が続きます。
アルコール度数:14.37%  無濾過
 
 

ル・リッシュ・ワインズとは

 
 

詳細・歴史

1996年にエティエンヌ・ル・リッシュにより設立された家族経営のワイナリーです。エティエンヌはカベルネ・ソーヴィニヨンの魔術師と呼ばれる生産家です。ステレンボッシュらしさを体現する極上のカベルネを造るために最上のカベルネ産地とされているエルダーバーグ地区にセラーを設けています。
生産量はスタンダードキュヴェでも毎年5000ケース。リザーヴクラスともなると約500ケースという希少性も高く、またそれだけの価値があるワインです。
 

ブドウはステレンボッシュのトップ生産者から厳選して購入しています。ステレンボッシュではほとんどのブドウが2つのエリアから収穫されます。1つ目はヨンカースフック・ヴァレーのもので、その谷底は花崗岩土壌から砂質砂利土壌まであります。2つ目はヘルダーバーグ地区の低いところに位置する斜面で海から近いことからその影響を受けており、またコーヒー色の石を伴う砂利質の土壌です。

収穫のタイミングは見た目、味わい、分析といった細心の考察を経て決められます。典型的なブドウのフレーバー、タンニンの構成や熟度は選定にあたっての主な要因となります。ブドウは手摘みされ、セラーまで小さな輸送箱にて運ばれます。厳しい選果をしたあとで、除梗・破砕が行われます。
 

醸造

醸造のアプローチはシンプルかつ革新的です。基本的には上部が空いている発酵槽を使い、発酵の温度をコントロールしつつ櫂入れを行います。果実は除梗された後選別され、コンクリートタンクに移します。そこで酵母の接種が始まります。手作業の櫂入れは色、タンニン、フレーバーを最大限に抽出するよう行います。
 
Cabernet Reserveはこの開口式のタンクで第一次発酵の後、マセラシオン期間を延ばして行います。この延長期間はプレスするまで、タンクの蓋をします。こうしたことによりタンニンの質、バランス、ワインの抽出を向上させます。発酵後、ジュースをプレスし、フリーランジュースと選ばれた果汁がフレンチオーク樽に移され、第二次発酵及びマロラクティック発酵に移っていきます。15~24ヵ月の樽発酵の後、ワインはボトリングされ、手作業でエチケット貼りを行います。

 
Wine Shop WINEHOLIC

Wine Sop WINEHOLIC

UA-9383280-1