傑出した実力

Momento Wines  モメント・ワインズ

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
素晴らしく繊細な女性らしいワインで今南アフリカでも注目株の生産者です!若いうちからも楽しめますが、酒質の素晴らしさは群を抜いており熟成によってその真価が現れます。生産量が非常に少なく貴重な存在です。骨格がかなりしっかりとしていますが、その奥に秘める繊細さが見事。
2019年には隣接する 『Anysbos/アナイスボス』(『ガブリエルスクルーフ』 のオーナーの兄が経営) の醸造長として迎えられ、自身のセラーもそこに移しました。既に日本でも幅広いファンを獲得している彼女のワインですが、これからもますます目が離せない存在となっています。
Tim Atkin MW, SA Special Report では4級に格付けされており、リリースするワインは軒並み90点を大きく上回っています。
モメント・ワインズ モメント・ワインズ2 モメント・ワインズ3
 Tinta Barocca 2019
ティンタ・バロッカ [2019]
【キュヴェ】樹齢40年以上になる特別希少なティンタ・バロッカを用い、南アフリカに育つ全てのティンタ・バロッカの古樹へのトリビュートとして醸したマレリース渾身の作品です。この畑のブドウはこれまでテーブルワイン用のブレンドに用いられてきましたが、自然のままの状態の畑で力強く育つ樹々に大いなる可能性を感じ、そのスピリットをブドウ自身がワインに反映できるようにするため、最小限の人的介入でキュヴェを造り上げました。
【品種】ティンタバロッカ 100%
【産地】ボット・リヴァー、ステレンボッシュ、スワートランド
【畑立地】南向き  【土壌】ボッケヴェルド・シェール(頁岩)、分解された花崗岩、粘土質
【樹齢】40年以上   【収穫】早朝手摘み   【全房使用率】25%
【発酵】フレンチオーク古樽を用い、1日に2回以下手で優しくパンチングダウンを行いながらゆっくりと4週間かけて、果皮と共に野生酵母による自然発酵が促されます。
【圧搾】バスケット・プレス使用
【熟成】フレンチオーク古樽(225L)にて16カ月間
【テイスティングノート】アロマにはチェリーやカシスなどの鮮やかな赤系果実、バラの花やシナモン、紅茶に加え、ポルチーニ茸などの魅惑的な要素が感じられ、非常に複雑で重厚感があります。上質なグラン・クリュのピノ・ノワールを彷彿とさせるような豊かな風味としっかりと引き締まった骨格があり、味わいは非常に複雑で、今飲んでも美味しいですが、長い熟成も可能な高いポテンシャルがあります。
【評価】Tim Atkin MW, SA Special Report / 92pt
【アルコール度数】13.5%   ◆無清澄
Chenin Blanc Verdelho 2019
シュナン・ブラン・ヴェルデーリョ [2019]
【キュヴェ】マレリース曰く、「私にとってヴェルデーリョのないシュナンブランは、音楽のないダンスのようなものです。ヴェルデーリョはこのキュヴェにフレッシュさとエネルギー、そしてリズムを与えてくれます。」 それぞれの品種の産地も異なるため、リッチで豊かな味わいと、エレガントで落ち着いたミネラル感とうつくしいを併せ持つバランスの取れたキュヴェです。
【品種】①シュナン・ブラン 74% 産地①スワートワンド  樹齢40年 土壌:風化した花崗岩
    産地②ボット・リヴァー 樹齢36年 土壌:ボッケヴェルド・シェール(頁岩)と粘土質
     ②ヴェルデホ 26%  産地①フール・パールドバーグ  樹齢:13年  土壌:、風化した花崗岩と粘土質
産地②ボット・リヴァー  土壌:ボッケヴェルド・シェール(頁岩)と粘土質
※シュナン・ブランより先に熟しますがまだ果実にレモンやライムの風味が残っているうちに収穫し、ワインの熟成上大切になる適度なpHを残し生き生きした味わいをワインに与えます。
【全房使用率】100%   【バスケット・プレス】果汁の一部を故意に酸化させ、優しくプレスし、無添加のまま1日寝かせます。
【発酵】複雑味とテクスチャーを添えるため果皮をジュースに戻し、硫黄や酵素など添加物などは一切加えず、フレンチオーク古樽(225Lと400L)にて野生酵母による自然発酵を促します。
【マロラクティック発酵】100%
【熟成】シュールリーにて10か月間 (上質な滓は複雑な味わいをもたらします。)   【ブレンド】瓶詰の2か月前
【テイスティングノート】アロマにはレモンの皮、白桃、メロン、青リンゴなどの豊かなフルーツの香りに、鮮やかなジャスミンの花や、僅かなスパイスと水晶が濡れたようなミネラル香が感じられ、鮮やかさと集中力があります。口に含むと生き生きとした酸が、ブリオッシュやレモンカードの風味を伴った包み込むようなフルボディ―の構造をしっかりと支えており、長く明快なフィニッシュへと続きます。
【評価】Tim Atkin MW, SA Special Report / 92pt 
【アルコール度数】13.0%     ◆無清澄
Grenache Noir 2019
グルナッシュ・ノワール [2019]
【キュヴェ】当主マレリースは2010年にスタージュとして訪れたスペインでグルナッシュの古樹に運命的に出会い完全に魅了され、翌年南アフリカで同様の低収量の区画を購入し、独立後に最初に手掛けたともて思い入れのあるキュヴェです。ブドウが持つ繊細でエレガントな要素を表現するため、人的介入は最小限にとどめて造られています。
【品種】グルナッシュ・ノワール 100%
【産地】Vool-Paardeberg/フール・パールドバーグ (スワートランド郊外)
【土壌】風化した花崗岩   【仕立て】ブッシュヴァイン
【収穫】早朝に手摘みにて   【全房使用率】30%
【発酵】フレンチオーク古樽(225L)を用い4日間低温浸漬を行った後、野生酵母による自然発酵がゆっくりと始まり、1日2回優しく手でパンチングダウンを行い、安定後に10日間マセラシオンを行うことでより繊細で柔らかいタンニンを抽出します。
【マロラクティック発酵】100%
【熟成】フレンチオーク樽(225L)にて16カ月間
【テイスティングノート】アロマには熟したチェリーやラズベリー、ローズやスミレの花の香り、野趣あふれるフィンボス(野生の植物)、僅かなスパイスなどが豊かに感じられ、口に含むと爽やかな酸とともに鮮やかな赤系果実が口中いっぱいに広がり、飲む人をたちまち魅了します。心地よく繊細なタンニンとほのかな塩味、しっかりとしたグリップ感がワインに奥行きを与えており、味わい深いフィニッシュへと続き、美しい熟成を期待できる充分なポテンシャルがあります。
【評価】Tim Atkin MW, SA Special Report / 92pt
【アルコール度数】13.5%   ◆無清澄

Grenache Gris 2017
グルナッシュ・グリ [2017]
グルナッシュ・グリ 100%(フール・パールドバーグ)
Alc.12.6%
南アフリカ唯一のグルナッシュ・グリ畑です。樹齢は4年とまだ若く、フール・パールドバーグ(スワートランドに隣接)の風化した花崗岩+粘土質の土壌が、細やかな食感とリッチな香りを与えてくれます。
7日間スキンコンタクトした後フレンチ・オーク樽にて自然醗酵、そして10ヶ月間澱と共に寝かせます。4樽のみの醸造です。
Chenin Blanc Verdelho 2017

Sold Out

Chenin Blanc Verdelho 2017
シュナン・ブラン・ヴェルデーリョ [2017]
シュナンブラン85%、ヴェルデーリョ15%から造られています。シュナンブランは2つの地区の異なる土壌のブドウを混ぜて造っており、それぞれの土壌の特徴に合った醸造方法でワイン造りを行っています。頁岩土壌のものには、プレスする前に一晩寝かせて、ブドウの重みで自然にセミマセラシオンにしてから発酵槽へ移した方法を。粘土や砂土壌のものには全房破砕で発酵を促す方法で、それぞれの土壌を活かす造りをしています。フランスの古樽で、自然酵母にて発酵、12カ月熟成。ヴェルデホは良く熟してから収穫をし、タンクでの発酵と樽での発酵の2種類を仕込みます。全てのワインは瓶詰の一か月前にブレンドされ、各品種の繊細に異なる特徴を楽しむことができます。年間2400本の生産をしています。
Grenache Noir 2018
グルナッシュ・ノワール [2018]
グルナッシュ・ノワール 100%(スワートランド、フール・パールドバーグ)
Alc.14.19%
自身が恋に落ち、自身のブランド・キャリアはこの品種から始まりました。スワートランドとフール・パールドバーグの風化した花崗岩土壌に植えられたブッシュ・ヴァインからはエレガントで純粋な個性を感じ取ることが出来ます。
早朝に手摘みされたブドウは70%除梗、30%全房にて4日間冷却し果皮に浸け込まれます。手によるパンチダウンを1日2回行い、優しく自然なキャラクターを抽出します。合計5日間のスキンコンタクトの後、225Lのフレンチ・オークに移されMLC及び16か月間熟成させます。

Grenache Gris 2019
グルナッシュ・グリ [2019]
【キュヴェ】南アフリカ国内で唯一のグルナッシュ・グリの区画から生まれる、非常にレアなキュヴェです。
【品種】グルナッシュ・グリ 100%
【産地】Vool-Paardeberg/フール・パールドバーグ (スワートランド郊外)
【土壌】風化した花崗岩、粘土質   【樹齢】6年   【仕立て】ブッシュヴァイン(株仕立て)
【収穫】早朝に手摘みにて
【発酵】破砕したブドウを7日間スキンコンタクトした後、フレンチオーク樽(225L)にて1日に2回手で優しくパンチングダウンを行いながら野生酵母による自然発酵を促し、全日程の内4日間冷却します。
【マロラクティック発酵】100%
【熟成】フレンチオーク樽(225L)を用いて、シュール・リーにて10か月間
【テイスティングノート】エキゾチックで魅惑的なトップノートですが、熟した柑橘系や黄桃、パイナップル、ビスコッティ、さらにはハーブなどの風味が複雑に感じられ、とてもエッヂが効いています。口に含むとフレッシュな果実味と爽やかな酸の間に緊張感があり、リッチで少しオイリーな口当たりが特徴的です。
【評価】Tim Atkin MW, SA Special Report / 93pt
【アルコール度数】13.5%   ◆無清澄
 
 
 

モメントとは

 
 

詳細・歴史

南アフリカを代表する女性醸造家 マレリース・ニューマン女史が、かの 『クリスタルム』 のオーナー醸造家であるピーター・アラン・フィンレイソン氏が率いる 『ガブリエルスクルーフ』 のセラーを間借りして立ち上げた自身のブランドです。現在は隣接する Anysbos/アナイスボス』 (『ガブリエルスクルーフ』のオーナーの兄が経営)に本拠を移し、醸造長を担いながら、この自身の Momento Wines を手掛けています。
彼女は南アフリカのウエスタン・ケープの中でも特に冷涼な産地として知られているエルギンで生まれ育ち、ステレンボッシュ大学で醸造学と栽培学を修めました。2005年の卒業と同時にカリフォルニアに渡り、ナパ・ヴァレーで栽培や醸造の経験を積んだのち帰国し、オーヴァバーグのボット・リヴァーに本拠地を置く歴史あるワイナリー 『ボーモン・セラー』 でワインメーカーとして従事しましたが、その間にも南半球と北半球の季節の移り変わりを利用し、世界各地でワイン醸造の修行を積んできました。
その中で彼女は、特に旧世界の考え方である 「ワインは太陽・土壌・水・地球・関わる人々とその人々の
アイデア・経験に大きく左右される」 という思想に至り、彼女の大切にしている故郷、ウエスタン・ケープのテロワールをボトルに再現すべく、特にブッシュ・ヴァイン(株仕立て)や樹齢の高いブドウ畑に焦点を当てたワイン造りを目指すようになりました。
そして2011年、彼女は本業の傍ら、できる限りブドウ自身が持つ力に任せてグルナッシュ・ノワールを栽培・
醸造し、『モメント・ワインズ』 という名前で初めて自身のブランドとしてリリースしました。その後数年間は兼業を続けましたが、2014年、同じボット・リヴァーの若き天才ワインメーカーであるかの 『クリスタルム』の当主、ピーター・アラン・フィンレイソン氏が率いる 『ガブリエルスクルーフ』 の醸造所を間借りする形で独立を果たしました。2018年にはピーター・アランと共に来日し、その洗練されたワインで大いに日本のファンを魅了しました。2019年には隣にある 『ガブリエルスクルーフ』 のオーナーの兄が経営するワイナリー『Anysbos/アナイスボス』 の醸造長として迎えられ、自身のセラーも移しました。既に日本でも幅広いファンを獲得している彼女のワインですが、これからもますます目が離せない存在となっています。

 
Wine Shop WINEHOLIC

Wine Sop WINEHOLIC

UA-9383280-1