Colmant Colmant南アフリカのワインを初めてラフィネが輸入した際に初めて飲んだスパークリングがこのコルマン。
フランスのシャンパンに肉薄し、クレマンやヴァン・ムスーの優れものと同等の品質で他の国の作る高額なスパークリングよりも優れているとの印象。
こういったスパークリングを飲むといかに南アフリカのワインがヨーロッパ指向になってきたかがわかる。
当初はアメリカやオーストラリアを向いていた南アフリカも若手の台頭により今ヨーロッパの風が吹き始めている。フランスと比べると酸は穏やかだが酒質自体はもう同レベル。

南アフリカにはシャンパンを越えるような素晴らしい風味のスパークリングが存在しています。しかしコルマンの作るスパークリングはそういった方向性とは一線を画し質感重視のスパークリングです。
Colmant Colmant南アフリカのワインを初めてラフィネが輸入した際に初めて飲んだスパークリングがこのコルマン。
フランスのシャンパンに肉薄し、クレマンやヴァン・ムスーの優れものと同等の品質で他の国の作る高額なスパークリングよりも優れているとの印象。
こういったスパークリングを飲むといかに南アフリカのワインがヨーロッパ指向になってきたかがわかる。
当初はアメリカやオーストラリアを向いていた南アフリカも若手の台頭により今ヨーロッパの風が吹き始めている。フランスと比べると酸は穏やかだが酒質自体はもう同レベル。

南アフリカにはシャンパンを越えるような素晴らしい風味のスパークリングが存在しています。しかしコルマンの作るスパークリングはそういった方向性とは一線を画し質感重視のスパークリングです。
Colmant Colmant南アフリカのワインを初めてラフィネが輸入した際に初めて飲んだスパークリングがこのコルマン。
フランスのシャンパンに肉薄し、クレマンやヴァン・ムスーの優れものと同等の品質で他の国の作る高額なスパークリングよりも優れているとの印象。
こういったスパークリングを飲むといかに南アフリカのワインがヨーロッパ指向になってきたかがわかる。
当初はアメリカやオーストラリアを向いていた南アフリカも若手の台頭により今ヨーロッパの風が吹き始めている。フランスと比べると酸は穏やかだが酒質自体はもう同レベル。

南アフリカにはシャンパンを越えるような素晴らしい風味のスパークリングが存在しています。しかしコルマンの作るスパークリングはそういった方向性とは一線を画し質感重視のスパークリングです。
Colmant Colmant南アフリカのワインを初めてラフィネが輸入した際に初めて飲んだスパークリングがこのコルマン。
フランスのシャンパンに肉薄し、クレマンやヴァン・ムスーの優れものと同等の品質で他の国の作る高額なスパークリングよりも優れているとの印象。
こういったスパークリングを飲むといかに南アフリカのワインがヨーロッパ指向になってきたかがわかる。
当初はアメリカやオーストラリアを向いていた南アフリカも若手の台頭により今ヨーロッパの風が吹き始めている。フランスと比べると酸は穏やかだが酒質自体はもう同レベル。

南アフリカにはシャンパンを越えるような素晴らしい風味のスパークリングが存在しています。しかしコルマンの作るスパークリングはそういった方向性とは一線を画し質感重視のスパークリングです。
 南アフリカのワインを初めてラフィネが輸入した際に初めて飲んだスパークリングがこのコルマン。
フランスのシャンパンに肉薄し、クレマンやヴァン・ムスーの優れものと同等の品質で他の国の作る高額なスパークリングよりも優れているとの印象。
こういったスパークリングを飲むといかに南アフリカのワインがヨーロッパ指向になってきたかがわかる。
当初はアメリカやオーストラリアを向いていた南アフリカも若手の台頭により今ヨーロッパの風が吹き始めている。フランスと比べると酸は穏やかだが酒質自体はもう同レベル。
 
南アフリカにはシャンパンを越えるような素晴らしい風味のスパークリングが存在しています。しかしコルマンの作るスパークリングはそういった方向性とは一線を画し質感重視のスパークリングです。
Method Cap Classique (MCC) Brut Plaisir
メソッド・キャップ・クラシック・ブリュット・プレジール
【ピノ・ノワール50%、シャルドネ50%】
Method Cap Classique (MCC) Brut Rose
メソッド・キャップ・クラシック・ブリュット・ロゼ
PN75% Ch25% (フランシュック、ロバートソン、エルギン)。前VTのリザーヴワインを15%使用。ベースワインの15%が樽発酵。14℃で最低24か月間熟成後、デゴルジュマン。愛らしいサーモンピンク。フローラルなトーンとともにいちごやレッドカラントの繊細な香りがあります。赤いベリーの滑らかな芳醇さが僅かなトーストのニュアンスと調和しています。時間とともに心地よく変化します。
Method Cap Classique (MCC) Brut Reserve
メソッド・キャップ・クラシック・ブリュット・リザーヴ
PN52%  Ch48% (フランシュック、ロバートソン、エルギン)。前VTのリザーヴワインを20%使用。ベースワインの10%が樽発酵。14℃で30か月間熟成後、デゴルジュマン。
僅かに緑かかった黄金色で、香りはエレガント。レモンや酵母の香りとともに優しいトースト香もあります。果実の熟したニュアンスがそれに続きます。味わいははじけるような新鮮さと快適な酸があり、これらが酵母ニュアンスの味わいの深み、トースト的フレーバー、そして芳醇なストラクチャーと完璧なバランスを保っています。余韻は長くなめらか。時間とともに心地よく変化します。
Method Cap Classique (MCC) Brut Chardonnay
メソッド・キャップ・クラシック・ブリュット・シャルドネ
Ch100% (フランシュック、ロバートソン)。ベースワインの15%が樽発酵。14℃で最低45か月間熟成後、デゴルジュマン。ライムグリーンの色調を帯びている繊細な明るい黄金食。青りんごのニュアンスとともにフレッシュでレモンや花の香りが楽しめます。澱との接触の長さからくる酵母的でビスケットのような香りがそれに続きます。繊細な泡はムースのように滑らかな舌触りに溶け込んでいます。ふくよかな味わいで、新鮮な柑橘の皮とミネラルの複雑性、クリームのような滑らかな温かさとの調和したバランスがあります。確実に時間とともに心地よく変化します。
 
 

コルマンとは

 
 

詳細・歴史

ベルギーで石の製造業を営んでいたジャン・フィリップ・コルマンが、南アフリカを訪れて美しいフランシュック・ヴァレーに心を奪われたと同時に、今後の数世代にわたって営めるビジネスに転換をしていく時期だと確信をし、2005年に設立したシャンパーニュ・スタイルのスパークリング専門ワイナリーです。毎年3回はシャンパーニュ地方のメゾンで修業をして研鑽を積んできました。また、品質が命との信条から、選果から製造工程まで妥協を許す余地がないよう、彼らだけでこなしています。それゆえ、身の丈にあった自分たちだけでこなせる生産量に留めています。
 

ピノ・ノワールとシャルドネをほぼ同量で使用しています。最も重要なことは完璧な要素をブレンドできるかということです。そのために、テロワールの特性に従って、ベースワインが最大限に複雑性を発揮するように、色々なヴァレーのブドウを選んでいます。

シャルドネはシャルドネ産地として有名はフランシュック・ヴァレーのものを主に使用しています。これにより、ストラクチャーと酸は完璧なバランスを取り、活き活きとした新鮮さをもたらしています。シャルドネの70%はコルマンの畑からのものです。3ヘクタールほどの畑ですが、プロの生産家の管理下にあります。残り30%は石灰質土壌のロバートソンのものを使用しています。
ピノ・ノワールはロバートソン、エルギン、ステレンボッシュの5つの畑から注意深く選んでいます。このエリアはボディの厚みとフィネスという観点でピノ・ノワール生育の最適な場所と認識されています。
 

醸造

セラーは小さいながらも最新の設備を誇ります。1000L~14000L規模の14機のステンレスタンクを所有し、各パーセルごとに仕込めるよう体制を整えています。収穫後のブドウ8トンを圧搾前に0℃まで冷やせる設備も完備しており、果汁の品質保持において目覚ましい効果をもたらしています。セラーは昔ながらのレンガの壁ですが、常に室温は13℃、また完璧な湿度を保つてるように設計されています。
そして、最も重要な熟成室は、10万本以上の収納が可能。安定して13~14℃の室温で暗い環境の中、2年またはそれ以上の期間、やさしくゆっくりと熟成させることが可能となっています。

 
Wine Shop WINEHOLIC

Wine Sop WINEHOLIC

UA-9383280-1