Veni Vidi Vici Veni Vidi Viciニコラ・ヴォーティエが「ヴァン・ナチュールの聖地」のひとつ、トロワのワイン・ショップ&バー “Aux Crieurs de Vin”で 15年勤務したあと、アヴァロン村で始めたマイクロ・ネゴシアン。ニコラは、シャンパーニュやシアトル近郊のワイナリー、及びフィリップ・パカレとドメーヌ・サーブルでも栽培醸造経験を積んできた。ブドウは、北ブルゴーニュ各地に点在する、有機栽培またはリュット・レゾネの老農家から購入し、初ヴィンテージは 2009年。セラーには台形の木製開放槽を所有し野生酵母のみで発酵。亜硫酸添加は瓶詰め時 10mg/Lのみで、補糖も行わない。彼の高い志が生むピノ・ノワールは、 AOCブルゴーニュですら時にヴォーヌ・ロマネのニュアンスさえ帯びる柔らかな香りを帯び、ピュアなエキスが満ちる。イランシーのピノ・ノワールは、大半が樹齢 45年以上の古木。白ワインも多くは小樽発酵と、小樽熟成を経る。影響を受けた醸造家は、ピエール・オヴェルノワ、マルセル・ラピエールほか。まことに腕と勘が冴える、天性の醸造家である。 Veni Vidi Vici Veni Vidi Viciニコラ・ヴォーティエが「ヴァン・ナチュールの聖地」のひとつ、トロワのワイン・ショップ&バー “Aux Crieurs de Vin”で 15年勤務したあと、アヴァロン村で始めたマイクロ・ネゴシアン。ニコラは、シャンパーニュやシアトル近郊のワイナリー、及びフィリップ・パカレとドメーヌ・サーブルでも栽培醸造経験を積んできた。ブドウは、北ブルゴーニュ各地に点在する、有機栽培またはリュット・レゾネの老農家から購入し、初ヴィンテージは 2009年。セラーには台形の木製開放槽を所有し野生酵母のみで発酵。亜硫酸添加は瓶詰め時 10mg/Lのみで、補糖も行わない。彼の高い志が生むピノ・ノワールは、 AOCブルゴーニュですら時にヴォーヌ・ロマネのニュアンスさえ帯びる柔らかな香りを帯び、ピュアなエキスが満ちる。イランシーのピノ・ノワールは、大半が樹齢 45年以上の古木。白ワインも多くは小樽発酵と、小樽熟成を経る。影響を受けた醸造家は、ピエール・オヴェルノワ、マルセル・ラピエールほか。まことに腕と勘が冴える、天性の醸造家である。 Veni Vidi Vici Veni Vidi Viciニコラ・ヴォーティエが「ヴァン・ナチュールの聖地」のひとつ、トロワのワイン・ショップ&バー “Aux Crieurs de Vin”で 15年勤務したあと、アヴァロン村で始めたマイクロ・ネゴシアン。ニコラは、シャンパーニュやシアトル近郊のワイナリー、及びフィリップ・パカレとドメーヌ・サーブルでも栽培醸造経験を積んできた。ブドウは、北ブルゴーニュ各地に点在する、有機栽培またはリュット・レゾネの老農家から購入し、初ヴィンテージは 2009年。セラーには台形の木製開放槽を所有し野生酵母のみで発酵。亜硫酸添加は瓶詰め時 10mg/Lのみで、補糖も行わない。彼の高い志が生むピノ・ノワールは、 AOCブルゴーニュですら時にヴォーヌ・ロマネのニュアンスさえ帯びる柔らかな香りを帯び、ピュアなエキスが満ちる。イランシーのピノ・ノワールは、大半が樹齢 45年以上の古木。白ワインも多くは小樽発酵と、小樽熟成を経る。影響を受けた醸造家は、ピエール・オヴェルノワ、マルセル・ラピエールほか。まことに腕と勘が冴える、天性の醸造家である。 Veni Vidi Vici Veni Vidi Viciニコラ・ヴォーティエが「ヴァン・ナチュールの聖地」のひとつ、トロワのワイン・ショップ&バー “Aux Crieurs de Vin”で 15年勤務したあと、アヴァロン村で始めたマイクロ・ネゴシアン。ニコラは、シャンパーニュやシアトル近郊のワイナリー、及びフィリップ・パカレとドメーヌ・サーブルでも栽培醸造経験を積んできた。ブドウは、北ブルゴーニュ各地に点在する、有機栽培またはリュット・レゾネの老農家から購入し、初ヴィンテージは 2009年。セラーには台形の木製開放槽を所有し野生酵母のみで発酵。亜硫酸添加は瓶詰め時 10mg/Lのみで、補糖も行わない。彼の高い志が生むピノ・ノワールは、 AOCブルゴーニュですら時にヴォーヌ・ロマネのニュアンスさえ帯びる柔らかな香りを帯び、ピュアなエキスが満ちる。イランシーのピノ・ノワールは、大半が樹齢 45年以上の古木。白ワインも多くは小樽発酵と、小樽熟成を経る。影響を受けた醸造家は、ピエール・オヴェルノワ、マルセル・ラピエールほか。まことに腕と勘が冴える、天性の醸造家である。 Veni Vidi Vici Veni Vidi Viciニコラ・ヴォーティエが「ヴァン・ナチュールの聖地」のひとつ、トロワのワイン・ショップ&バー “Aux Crieurs de Vin”で 15年勤務したあと、アヴァロン村で始めたマイクロ・ネゴシアン。ニコラは、シャンパーニュやシアトル近郊のワイナリー、及びフィリップ・パカレとドメーヌ・サーブルでも栽培醸造経験を積んできた。ブドウは、北ブルゴーニュ各地に点在する、有機栽培またはリュット・レゾネの老農家から購入し、初ヴィンテージは 2009年。セラーには台形の木製開放槽を所有し野生酵母のみで発酵。亜硫酸添加は瓶詰め時 10mg/Lのみで、補糖も行わない。彼の高い志が生むピノ・ノワールは、 AOCブルゴーニュですら時にヴォーヌ・ロマネのニュアンスさえ帯びる柔らかな香りを帯び、ピュアなエキスが満ちる。イランシーのピノ・ノワールは、大半が樹齢 45年以上の古木。白ワインも多くは小樽発酵と、小樽熟成を経る。影響を受けた醸造家は、ピエール・オヴェルノワ、マルセル・ラピエールほか。まことに腕と勘が冴える、天性の醸造家である。
ニコラ・ヴォーティエが「ヴァン・ナチュールの聖地」のひとつ、トロワのワイン・ショップ&バー “Aux Crieurs de Vin”15年勤務したあと、アヴァロン村で始めたマイクロ・ネゴシアン。ニコラは、シャンパーニュやシアトル近郊のワイナリー、及びフィリップ・パカレとドメーヌ・サーブルでも栽培醸造経験を積んできた。ブドウは、北ブルゴーニュ各地に点在する、有機栽培またはリュット・レゾネの老農家から購入し、初ヴィンテージは 2009年。セラーには台形の木製開放槽を所有し野生酵母のみで発酵。亜硫酸添加は瓶詰め時 10mg/Lのみで、補糖も行わない。彼の高い志が生むピノ・ノワールは、 AOCブルゴーニュですら時にヴォーヌ・ロマネのニュアンスさえ帯びる柔らかな香りを帯び、ピュアなエキスが満ちる。イランシーのピノ・ノワールは、大半が樹齢 45年以上の古木。白ワインも多くは小樽発酵と、小樽熟成を経る。影響を受けた醸造家は、ピエール・オヴェルノワ、マルセル・ラピエールほか。まことに腕と勘が冴える、天性の醸造家である。

Sold Out

Bourgogne Coulanges la Vineuse Chaply 2018
ブルゴーニュ・クランジュ・ラ・ヴィヌーズ ・ルージュ・シャプリ 2018 
【ピノ・ノワール100%】
Bourgogne Coulanges la Vineuse Chaply 2018
ブルゴーニュ・クランジュ・ラ・ヴィヌーズ ・ルージュ・シャプリ 2018 
【ピノ・ノワール100%】
Irancy - Haut Champreux Rouge 2018
イランシー・オー・シャンプルー 2018 
【ピノ・ノワール100%】

Sold Out

Bourgogne Coulanges la Vineuse - Grole Tete 2018 
ブルゴーニュ・クランジュ・ラ・ヴィヌーズ・グロール・テット 2018
約15日間マセラシオン・カルボニック。(この間毎日ピジャージュを行なう)プレスし、フリーランとプレスジュースをアッサンブラージュ。約20日間マロラクティック発酵の後半デブルバージュ。
琺瑯引きしたタンクで7ヶ月熟成
澱引きは1回
斜面の比較的下の方の区画で、このアペラシオン特有の涼しさとチェリーや赤果実のアロマをたっぷり表現するワイン。
Irancy  2016

Sold Out

 Irancy - Les Mazelots rouge 2018 Magnum
イランシー・レ・マズロ・ルージュ 2018  1500ml
植樹:1940年代、2000年代
位置:南、南東向き
土壌:石灰質・粘土質
全房醗酵、バリックで1年間熟成。
イランシーの中でも最も一級畑に近いと評価の高い区画で、格上げへの働きかけもされている。
レ・ロンスとは隣の畑で土壌的にも似ている。畑の向きがわずかに東向きなので、午後は日陰になるのが早く、畑の温度が早く下がるため、レ・ロンスと比べ、よりエレガント。
Irancy  2016

Sold Out

 Irancy - Les Mazelots rouge 2018
イランシー・レ・マズロ・ルージュ 2018
植樹:1940年代、2000年代
位置:南、南東向き
土壌:石灰質・粘土質
全房醗酵、バリックで1年間熟成。
イランシーの中でも最も一級畑に近いと評価の高い区画で、格上げへの働きかけもされている。
レ・ロンスとは隣の畑で土壌的にも似ている。畑の向きがわずかに東向きなので、午後は日陰になるのが早く、畑の温度が早く下がるため、レ・ロンスと比べ、よりエレガント。

Sold Out

Bourgogne Epineuil - Vals Noirs 2018 Magnum
ブルゴーニュ・エピヌイユ・ヴァル・ノワール 2018  1500ml
植樹:1994年
位置:標高150m、南東向き
土壌:石灰質・粘土
20-35日間除梗せず低温でマセラシオン・カルボニック、この間毎日ピジャージュを行なう。プレスし、フリーランとプレスジュースをアッサンブラージュ。古樽で8~20ヶ月熟成。
ヨンヌ県のブドウ栽培地域の中でも最北部に位置するエリアで、シャンパーニュとの地域県境。
 
Irancy  2016

Sold Out

Bourgogne Coulanges la Vineuse - Grole Tete 2018 Magnum
ブルゴーニュ・クランジュ・ラ・ヴィヌーズ・グロール・テット 2018 1500ml
約15日間マセラシオン・カルボニック。(この間毎日ピジャージュを行なう)プレスし、フリーランとプレスジュースをアッサンブラージュ。約20日間マロラクティック発酵の後半デブルバージュ。
琺瑯引きしたタンクで7ヶ月熟成
澱引きは1回
斜面の比較的下の方の区画で、このアペラシオン特有の涼しさとチェリーや赤果実のアロマをたっぷり表現するワイン。
Bourgogne Coulanges la Vineuse Rouge 2016

Sold Out

Bourgogne Rouge - Les rouquins 2018
ブルゴーニュ・ルージュ レ・ルカン 2018
植樹:1989年
位置:標高250m、南西向き
土壌:石灰質・粘土質
15日間マセラシオン・カルボニック、この間ピジャージュを行なう。プレスし、フリーランとプレスジュースをアッサンブラージュ。ブルゴーニュ樽で8ヶ月熟成。
ピノ・ノワールらしい味わい。濃密で甘味な赤果実やキルシュの味わいがタンニンとともに広がる。

Sold Out

Bourgogne Coulanges la Vineuse - Chanvan Rouge 2018  1500ml
ブルゴーニュ クランジュ ラ・ヴィヌーズ・シャンヴァン・ルージュ 2018  1500ml
樹齢:2000年代植樹
タンクでマセレーション
木製樽で10か月熟成
斜度の高い斜面の中腹で表土も少ない。
Irancy  2016

Sold Out

Bourgogne Epineuil - Vals Noirs 2018
ブルゴーニュ・エピヌイユ ヴァル・ノワール 2018
植樹:1994年
位置:標高150m、南東向き
土壌:石灰質・粘土
20-35日間除梗せず低温でマセラシオン・カルボニック、この間毎日ピジャージュを行なう。プレスし、フリーランとプレスジュースをアッサンブラージュ。古樽で8~20ヶ月熟成。
ヨンヌ県のブドウ栽培地域の中でも最北部に位置するエリアで、シャンパーニュとの地域県境。
Bourgogne Coulanges la Vineuse Rouge 2016

Sold Out

Irancy - Les Ronces 2018
イランシー レ・ロンス 2018
植樹:1996年
位置:南向き、標高250m
土壌:石灰質・粘土質
17日間マセラシオン・カルボニック、この間毎日ピジャージュを行なう。プレスし、フリーランとプレスジュースをアッサンブラージュ。マロラクティック発酵の後半デブルバージュし、228L・500Lの木樽で12ヶ月熟成。澱引き後10ヶ月タンクで熟成。
Les Ronces(レ・ロンス)はイランシーの一区画で、スパイスや野性的なニュアンスのワインを造る。彼の持っている畑の中でも、特に日当たりのよい畑で、果実も良く熟す。
黒い果実の香りで、やわらかな口当たりから始まるが、引き締まった味わいを持続する。
 
 

ヴィニ・ヴィティ・ヴィンチとは

 
 

地域:Bourgogne  
地区、村:Avallon アヴァロン
造り手:Nicolas VAUTHIER ニコラ・ヴォーティエ
創業年:2008
 

ネゴシアン解説

北部ブルゴーニュに、新しい造り手の登場です。そのニコラ・ヴォーティエは、誠実で才能のある造り手ですが、とびきりの冗談精神にもあふれていることは、ちょっと「エロっぽい」エチケットの絵からも、察せられます。2009年のファーストヴィンテッジは、よい作柄に恵まれ、ユーモアたっぷりのラベルとともに、楽しくて素敵なワインが入荷します。名前の由来は、有名なシーザーの言葉「Veni vidi vici 来た、見た、勝った」(スエトニオスが引用)をもじったものです。
 昨年(2010年)12月、アリス・エ・オリヴィエ・ド・ムールを訪問した際、新しい造り手の誕生の話を聞きました。オリヴィエから聞いた話は、とても興味深かったので、フランスからミラノに移る夜行列車に乗る前に、急遽訪れました。パリの主なビストロやワイン専門店には早くも、おすすめで並んでいます。Chitry Rouge を買い求め、早速ホテルでテイスティングしたところ、自然派の特徴がくっきりとうかがえ、ヴォーヌ・ロマネのニュアンスを帯びた柔らかな香りとエキスがこもっていて、ピュアでとても素敵でした。期待で、胸が弾みます。
 
 ドメーヌ・デ・クロワでの充実した2009年のテイスティングを終えて、夜もふけたころ、カーヴのあるアヴァロンにやっとのこと到着。この日は凍るように冷たく、陽がくれたアヴァロンの町には、雪が降り始めていました。セラーは廃業したネゴシアンの建物を部分的に譲り受けたもの。小さくて簡素なセラーながら、ピノ・ノワールには木樽のオープンの発酵槽を用い、白ワインは小樽での発酵・醸造というぐあいに、上質なワイン造りの条件が整っています。
 
 1970年トロワ生まれのニコラ・ヴォーティエは、ボジョレにあるベルヴィルの醸造学校を卒業後、ワシントン州とシアトル近郊のワイナリーで働き、その後トロワにあるヴァン・ナチュールの聖地といわれる、“Aux Crieurs de Vin”という専門店・兼ワインバーで15年にわたりカヴィストとして働いてきました。その間、各地の自然派の造り手たちと親密なネットワークを作ってきました。そうして、長年の夢を実現すべく、ドメーヌ・サーブルとパカレで研修後、2009年に買ブドウでワイン造りを始めました。
 
 ブドウの購入先は、シャブリ、アヴァロン、ヴェズレの有機栽培の造り手や、長年誠実な栽培をしてきた老人の栽培家などから。除草剤を使わず、小さな機械による深耕で栽培されたブドウを購入する一方で、またモンタネなど、ヨンヌ県の複数のビオロジック・ワインの造り手から、ブドウを分けてもらっています。もちろんのこと野生酵母だけで発酵させ、補糖なしでSO2を使用せず、醸造しています。2009年に作ったワインはおよそ30000本です。
 
Vin de France GamayとChitry Rouge:この2つのワインは、2010年5月ビン詰めで、フランス国内だけにリリースされました。したがって、ラシーヌの扱いは、次のとおりとなります。
【白ワイン】Petit Chablis、Bourgogne Aligote、Bourgogne Chitry
【赤ワイン】Bourgogne Rouge、Bourgogne Epineauil、Irancy
 

 ヴォーティエのワインは、予想に違わず自然派ワイン愛好家の大きな注目を浴び、ロワールで催された今年のディーヴ・ブテイユでは、人気の中心となりおおせましたが、詳しくは出席した太田社員の報告をご覧ください。
いずれも、2011年5月に入荷の予定です。わくわくするような、楽しさあふれる味わいですが、一瞬驚くような芯の通った、丁寧なワイン造りのよさが表れています。きっと今年の春を楽しくにぎわせてくれることでしょう。本当にご期待ください。私も、到着をとっても楽しみにしています。
合田 泰子
栽培:ビオロジック(買いブドウ) 
略歴:1990年~91年まで、ボジョレ地方のSaintJean d’Ardieresで栽培・醸造を学び BTSを取得。その後シャンパーニュで6ヶ月間、アメリカワシントン州とシアトル近郊のワイナリーで働き、パリでの経験を経て、トロワにあるヴァン・ナチュールの聖地といわれる、“Aux Crieurs de Vin”という専門店・兼ワインバーで15年にわたりカヴィストとして働く。
影響を受けた人物:Marcel Lapierre、Pierre Overnoy、Thierry Puzelat、Alice et Olivier de Moor、Philippe Laurent、Les Dard&Ribo、Philippe Pacalet他 
主要品種:アリゴテ、ピノ・ノワール、シャルドネ 
年間平均生産量:20000~40000本
 

醸造について

[白ワイン]
空気圧式プレスにて圧搾後、半分はタンク、残りの半分はブルゴーニュ樽内で醗酵。澱とともに8~10ヶ月間熟成、夏に澱引きを行い、1~3ヶ月間タンクでアッサンブラージュ。
 
[赤ワイン]
手収穫。畑にて、厳しい選果を行い、20kgのケースに入れて大切に運搬。
全房、24℃以下で15~22日間マセレーション。週に2.3度、軽くピジャージュを行い、木製の垂直式プレスで圧搾。

 
Wine Shop WINEHOLIC

Wine Sop WINEHOLIC