UA-9383280-1
カラファータ Calafata2011 年にワインを造るべく、マウロ(醸造責任者)とダニエーレ(栽培責任者)によって立ち上げられた。
独特の魅力と素晴らしいセンスの持ち主で今まで体感出来なかったような不思議な世界を見せてくれる。将来を期待出来る素晴らしい作り手。
カラファータ1 Calafata2011 年にワインを造るべく、マウロ(醸造責任者)とダニエーレ(栽培責任者)によって立ち上げられた。
独特の魅力と素晴らしいセンスの持ち主で今まで体感出来なかったような不思議な世界を見せてくれる。将来を期待出来る素晴らしい作り手。
カラファータ2 Calafata2011 年にワインを造るべく、マウロ(醸造責任者)とダニエーレ(栽培責任者)によって立ち上げられた。
独特の魅力と素晴らしいセンスの持ち主で今まで体感出来なかったような不思議な世界を見せてくれる。将来を期待出来る素晴らしい作り手。
カラファータ3 Calafata2011 年にワインを造るべく、マウロ(醸造責任者)とダニエーレ(栽培責任者)によって立ち上げられた。
独特の魅力と素晴らしいセンスの持ち主で今まで体感出来なかったような不思議な世界を見せてくれる。将来を期待出来る素晴らしい作り手。
2011 年にワインを造るべく、マウロ(醸造責任者)とダニエーレ(栽培責任者)によって立ち上げられた。
独特の魅力と素晴らしいセンスの持ち主で今まで体感出来なかったような不思議な世界を見せてくれる。将来を期待出来る素晴らしい作り手。
IGT Toscana - Scapigliato 2017

Sold Out

IGT Toscana - Scapigliato 2018
カラファータ / トスカーナ・スカピリアート [2018]
品種:モスカート・ディ・アンブルゴ、アレアティコ、チリエジョーロ、 サンジョヴェーゼ
植樹:1993年
位置:北、南向き、標高150m
土壌:泥灰土
ステンレスタンクで2~6日間のマセレーション。
ステンレスタンクで6ヶ月熟成。
”(髪の毛の)ちらかった”という意味合い。
気軽で、”まじめすぎない”味わい。
IGT Toscana - Iarsera 2015

Sold Out

IGT Toscana - Iarsera 2016
カラファータ / トスカーナ・イアルソラ [2016]
品種:サンジョヴェーゼ
植樹:1998年
位置:南向き、標高150m
土壌:泥灰土
ステンレスタンクで2週間マセレーション
セメントタンクとステンレスタンクで2年間熟成
トスカーナ南部の、太陽を感じるサンジョヴェーゼとは違い、北部の気候の涼しさと、サンジョヴェーゼの繊細を感じるワイン。
IGT Toscana - Iarsera 2015

Sold Out

Colline Lucchesi - Gronda 2017
コッリーネ・ルッケージ・グロンダ 2017
品種:ヴェルメンティーノ80% , マルヴァジア, モスカート, トレヴィアーノ 20%
植樹:1968年
位置:南向き、標高150m
土壌:泥灰土
ステンレスタンクで一晩のマセレーション。
ステンレスタンクで10ヶ月熟成。
キュヴェ名は区画名に由来。
醗酵を促すために、一晩だけマセレーションをするが、色合いはそこまで濃くならない。
Tasting Note

IGT Toscana - Iarsera 2015

Sold Out

Colline Lucchesi - Majulina 2016
コッリーネ・ルッケージ マジュリナ 2016
品種:サンジョヴェーゼ、 コロリーノ、 カナイオーロ、 チリエジョーロ その他品種
植樹:1958年
位置:南向き、標高150m
土壌:泥灰土
2週間マセレーション。
プラスティック容器で醗酵
セメントタンクと瓶内で2年間熟成。
カラファータでも、特に樹齢が高く、35種類の地品種が混植された畑の混
Tasting Note
 
 
 

カラファータとは

 
 

オーナー Mauro Montanaro
生産地域 :トスカーナ
Lucca
醸造責任者 : Mauro Montanaro
栽培責任者: Daniele Tuccori
Homepage www.calafata.it
創業年:2011
 
 カラファータにはいくつもの魂がある。2011年にワインを造るべく、マウロ(醸造責任者)とダニエーレ(栽培責任者)によって立ち上げられた。古くからルッカの連なる小さな丘で農家を営んできたワイナリーを、譲りうけた。その時に前オーナーは二人に、「君たちさえ良ければ、このワイナリーをただワインを造るだけでなく、何かより社会に貢献できるように、経営してほしい」と言いました。マウロとダニエーレはこの小さなワイナリーで何が出来るだろうかと考えた末、精神疾患や薬物依存、移民たちの社会参加を促す第一歩となれるよう、彼らを積極的に雇い、共に働いている。また、その活動に共感する、野菜や穀物の栽培したい人、養蜂家などがあつまり、全員が共同経営者の協同組合となった。専業でブドウ栽培を行う労働者がイタリア全土で少なくなっている中、彼らのワイナリーの作業員はしっかりと指導がされており、地域の他のワイナリーからも作業の手伝いを請われて、出張作業に出ている。

 トスカーナの北部のコッリーネ・ルッケージの地域は、大規模な栽培がおこなわれてきたことが無く、昔ながらの農村のたたずまいを保っている。海からも近く、小高い丘の続く地形からは、しっかりと果実の熟すのを待っても、マウロの目指す味わいでもある、すっきりとした飲み口のワインが出来る。
 同じ地域の生産者である、テヌータ・ディ・ヴァルジアーノで、バイオダイナミック栽培について学び、9haの彼らのブドウ畑でも、同様に作業を行っている。手作業が多い仕事だが、みな笑顔が朗らかで、気持ちよく作業をしている。
 

2015

乾燥してブドウが早熟だった。820日から9月末まで収穫をした。
 

2016

晴れた日と雨の日のバランスが良く、ポリフェノールの成熟の完全な年だった。830日から9月末まで収穫をした。
 

2017

2016年に続き、再びの猛暑。8月の終わりからは、夜間の温度は下がったが、812日という今までにない早期の収穫だった。一部のより樹齢が高く、北向き斜面のトレッビアーノは、9月の末に収穫した。

 
Wine Shop WINEHOLIC

Wine Sop WINEHOLIC

UA-9383280-1