UA-9383280-1
スクラヴォス Domaine Sclavos朝起きると、家から五分のセラーと畑へと向かい、敷地内で飼うヤギの乳を搾り、チーズを造る。島の半島の街、リクスーリに住むエヴリヴィアディス・スクラヴォス(愛称:ヴラディス)は、父親が大手ワイナリーに売っていたブドウを引取り、家のガレージで少しずつワイン造りを始めた。家族の起源は、ウクライナで、 13代前にすでにワインを造っていたという記録が残っている。徴兵され僻地で従軍したりもしていたが、やはり生まれ育った島での、動物とブドウ畑に囲まれた生活へと戻ってきた。ワインを作り出して 20年、ようやくガレージではない満足のいくセラーも手に入り( 2016年)、父親の代では観光農法だったブドウ畑も、バイオダイナミック農法なども取り入れた栽培を、家業に戻ってきてすぐに始める。そのおかげで畑は現在では活力にあふれている。ロボラを初めとする、樹齢の高い地品種から出来上がるワインには、他の地域のワインには無い、力強くも繊細なアロマを感じる。 スクラヴォス1 Domaine Sclavos朝起きると、家から五分のセラーと畑へと向かい、敷地内で飼うヤギの乳を搾り、チーズを造る。島の半島の街、リクスーリに住むエヴリヴィアディス・スクラヴォス(愛称:ヴラディス)は、父親が大手ワイナリーに売っていたブドウを引取り、家のガレージで少しずつワイン造りを始めた。家族の起源は、ウクライナで、 13代前にすでにワインを造っていたという記録が残っている。徴兵され僻地で従軍したりもしていたが、やはり生まれ育った島での、動物とブドウ畑に囲まれた生活へと戻ってきた。ワインを作り出して 20年、ようやくガレージではない満足のいくセラーも手に入り( 2016年)、父親の代では観光農法だったブドウ畑も、バイオダイナミック農法なども取り入れた栽培を、家業に戻ってきてすぐに始める。そのおかげで畑は現在では活力にあふれている。ロボラを初めとする、樹齢の高い地品種から出来上がるワインには、他の地域のワインには無い、力強くも繊細なアロマを感じる。 スクラヴォス2 Domaine Sclavos朝起きると、家から五分のセラーと畑へと向かい、敷地内で飼うヤギの乳を搾り、チーズを造る。島の半島の街、リクスーリに住むエヴリヴィアディス・スクラヴォス(愛称:ヴラディス)は、父親が大手ワイナリーに売っていたブドウを引取り、家のガレージで少しずつワイン造りを始めた。家族の起源は、ウクライナで、 13代前にすでにワインを造っていたという記録が残っている。徴兵され僻地で従軍したりもしていたが、やはり生まれ育った島での、動物とブドウ畑に囲まれた生活へと戻ってきた。ワインを作り出して 20年、ようやくガレージではない満足のいくセラーも手に入り( 2016年)、父親の代では観光農法だったブドウ畑も、バイオダイナミック農法なども取り入れた栽培を、家業に戻ってきてすぐに始める。そのおかげで畑は現在では活力にあふれている。ロボラを初めとする、樹齢の高い地品種から出来上がるワインには、他の地域のワインには無い、力強くも繊細なアロマを感じる。
朝起きると、家から五分のセラーと畑へと向かい、敷地内で飼うヤギの乳を搾り、チーズを造る。島の半島の街、リクスーリに住むエヴリヴィアディス・スクラヴォス(愛称:ヴラディス)は、父親が大手ワイナリーに売っていたブドウを引取り、家のガレージで少しずつワイン造りを始めた。家族の起源は、ウクライナで、 13代前にすでにワインを造っていたという記録が残っている。徴兵され僻地で従軍したりもしていたが、やはり生まれ育った島での、動物とブドウ畑に囲まれた生活へと戻ってきた。ワインを作り出して 20年、ようやくガレージではない満足のいくセラーも手に入り( 2016年)、父親の代では観光農法だったブドウ畑も、バイオダイナミック農法なども取り入れた栽培を、家業に戻ってきてすぐに始める。そのおかげで畑は現在では活力にあふれている。ロボラを初めとする、樹齢の高い地品種から出来上がるワインには、他の地域のワインには無い、力強くも繊細なアロマを感じる。
Robola de Cephalonie - Vino di Sasso 2019
ロボラ・ド・ケファロニア ヴィーノ・ディ・サッソ 2019
位置:標高850~900m
土壌:粘土、石灰岩
ステンレスタンクにて醗酵、熟成。
Vino di Sassoとはイタリア語で“石のワイン”の意。ケファロニアを占領していたヴェネツィア人たちは島のワインを畑の中の白い石の多さから”石のワイン”と呼んでいた。
VdT Efranor 2016
VdT Efranor 2019
エフラノール [2019]
<畑名 カトギー katogi village                    >
土壌:石灰質土質
畑の標高:50m
畑の向き:西―東
仕立て方法:  ゴブレ
品種(パーセンテージ): モスカテッラ70% ヴォスティリディ30%
平均樹齢(植樹年月日):50年
収穫量(hl/h):35hl/ha
<醸造>
選果の場所:畑
マセレーションの有無: なし
醗酵容器: 
アルコール醗酵期間(日数):3週間
醗酵温度コントロールの有無:あり
熟成容器:ステンレス(Inox)
濾過: なし
清澄:  なし
当キュヴェの年間生産量:15000
【このVTのコメント】
透き通った黄金色。モスカテッラの力強いアロマとバランスの良い酸味、長い余韻。
【ワインまたは畑の名前の由来】:
ギリシャ語の形容詞で 喜び、幸運を指す 名前。
Vin Blanc de Table - Alchymiste  2020  BIB
ヴァン・ブラン・ド・ターブル アリシミスト 3000ml [2020]
<畑名 カトギー Katogi , ぺロポネスPeloponnese >
土壌:石灰質土壌
畑の標高: Katogi 40 m、Peloponnese 150m
畑の向き: Katogi東、Peloponnese 西
仕立て方法: ゴブレ、ギュイヨ
品種(パーセンテージ):ロディティス50%、その他主要白品種のブレンド(ザキンティノ、ミュスカ、ツァウシ、ヴォスティリディ、ムスカテラ)50%
平均樹齢(植樹年月日):Katogi 35年、Peloponnese 50年(2015.9月現在)
収穫量(hl/h):19 hl/ha
<醸造>
選果の場所:畑とセラー
マセレーションの有無: なし
醗酵容器: ステンレス
アルコール醗酵期間(日数):4週間
醗酵温度コントロールの有無:  あり
熟成容器: ステンレス(Inox)
濾過: あり 
清澄:  なし
当キュヴェの年間生産量:5000

Vin Blanc de Table Alchymiste 2020
ヴァン・ブラン・ド・ターブル・アルシミスト [2020]
ロディティス(買いブドウ)についてのみ記述
<畑名 色々な畑のものが混ざっている >
土壌:粘土、石灰質土壌、砂地
品種(パーセンテージ):ロディティス60%その他主要白品種のブレンド
<醸造>
選果の場所:両方
マセレーションの有無: なし
醗酵容器: ステンレス
アルコール醗酵期間(日数):30日
醗酵温度コントロールの有無:  あり
熟成容器:  ステンレス
熟成期間:   6か月 ロディティス(買いブドウ)についてのみ記述
<畑名 色々な畑のものが混ざっている >
土壌:粘土、石灰質土壌、砂地
品種(パーセンテージ):ロディティス60%その他主要白品種のブレンド
<醸造>
選果の場所:両方
マセレーションの有無: なし
醗酵容器: ステンレス
アルコール醗酵期間(日数):30日
醗酵温度コントロールの有無:  あり
熟成容器:  ステンレス
熟成期間:   6か月
 Vin Rose de Table Alchymiste  2020
ヴァン・ロゼ・ド・ターブル・アルシミスト [2020]
<畑名 カトギー Katogi >
土壌:石灰質土壌
畑の標高: 40 m
畑の向き: 西―東
仕立て方法: ゴブレ
品種(パーセンテージ):マヴロダフネ
収穫量(hl/h):19 hl/ha
<醸造>
選果の場所:畑
マセレーションの有無: なし
醗酵温度コントロールの有無:  あり
熟成容器: ステンレス(Inox)
清澄:  なし
Vin Rouge de Table Alchymiste 2018
ヴァン・ルージュ・ド・ターブル・アルシミスト [2018]
<畑名  パリキの買い葡萄 樽からのオルギオン少量                   >
土壌:粘土、石灰質土壌、砂地
畑の標高:0-450m
仕立て方法: ギュイヨ接ぎ木、ゴブレ多くは自根80%
品種(パーセンテージ): マヴロダフネ
平均樹齢(植樹年月日):50
収穫量(hl/h):2500
<醸造>
選果の場所: セラー
マセレーションの有無:  あり
醗酵容器:  ステンレス
アルコール醗酵期間(日数): 30日
醗酵温度コントロールの有無:有
熟成容器: 木樽、ステンレス
熟成期間: 1年
当キュヴェの年間生産量:5000

Muscat de Cephalonie - vin doux du soleil 2016 (500ml)
ミュスカ・ド・ケファロニ ヴァン・ドゥー・デュ・ソレイユ [2016] 500ml
<畑名 買い葡萄 パリキ                    >
土壌:粘土、石灰質土壌、
仕立て方法: ゴブレ、パリサ―ジュ
品種(パーセンテージ): ミュスカ
平均樹齢(植樹年月日):20年 50年
収穫量(hl/h):800-1000
<醸造>
選果の場所:畑の中、セラー、3日~7日間ブドウを天日干し。毎日房を裏返すと同時に選果を行う。
マセレーションの有無: なし
醗酵容器: ステンレスタンク
アルコール醗酵期間(日数):30日
醗酵温度コントロールの有無:あり
熟成容器:木樽
熟成期間: 12-18か月
濾過: あり(場合による)
清澄:  なし
当キュヴェの年間生産量:1500
Vin Rouge de Table - Alchymiste  BIB 2019
ヴァン・ルージュ・ド・ターブル アリシミスト 3000ml 2019 (マヴロダフネ) 
【マヴロダフネ(ケファロニア島産、樹齢65年】
品種:マヴロダフネ100%
植樹:1960年代
位置:標高40m、250m
土壌:石灰質土壌
5日間マセレーション。
バリックにて熟成。
 
 
 

ドメーヌ・スクラヴォスとは

 
 

歴史:

スクラヴォス家は13代前からウクライナでワイナリーを経営していた。しかし彼の曽祖父の時代に戦火に追われ、親類の住んでいたケファロニア島へと移住する。ヴラディスの父親スピロスも畑を耕していたが、醸造を始めたのは1990年代にヴラディスが初めて行った。曽祖父が選んだ土地リクスーリのある半島は、ブドウ畑しかないというほど、ブドウ栽培が盛んであったが、政府がブドウ畑をつぶしてホテル用地に当てることを奨励したため、大部分の畑が失われてしまい、現在では荒地となっているか、オリーブの木が植わっている。ヴラディスの父、スピロスが畑をさらに買い始め、ブドウを慣行栽培していたが次第に自然志向になっていき、ビオディナミ農法にたどり着く。そして二十年ほど前からワインを家の裏で造りはじめ、現在に至る。
 
ケファロニア島西部の半島にあるリクスーリという町にワイナリーを所有し、島内に点在する自社畑からのブドウ、または買いブドウから醸造している。赤品種であるマヴロダフネはワイナリーのある半島にある畑からのブドウを、白品種の内モスカテラ、ツァウスィ、ヴォスティリディも半島にある畑のブドウから醸造している。しかしケファロニア島の象徴的な土着品種であるロボラは島中央の山間部の石灰質の岩がちな土壌を好み、スクラヴォス・ワイナリーではそこからの買いブドウで醸造している。その真っ白な岩の間に植えられたロボラを見てケファロニア島を支配していた近世のヴェネツィア人達は“Vino di Sasso!(岩のワインだ!)”と言ったと伝えられ、スクラヴォス・ワイナリーのロボラのキュヴェ名もそれに由来する。

ブドウの樹齢は古いものが多く、自根のものがあるがそれは島という環境によりフィロキセラ禍から守られていただけで、現在は島内でも少しずつフィロキセラの被害が見られるようになった。2012年春に、植えられた自社畑であるロボラは自根ではない。
収穫は夏真っ盛りである9月前に始まるので、地下ではないセラーの醗酵中の気温が高かったり、小さなタンクしか買えなかったりとまだまだヴラディスの理想の環境下でのワイン造りではない。しかし2014年、政府の小規模農業従事者支援プログラムに選ばれ更にケファロニア島出身の友人の投資家の援助を受け、醸造環境は大きく変わる。
栽培の多くはゴブレ仕立てで新しく譲り受けた畑や買いブドウの畑にはグイヨー仕立てのものもある。スキニアス村のモナンベレスと呼ばれる素晴らしい畑には、ゴブレ式の樹齢50年になるフラン・ド・ピエのマヴロダフネ(赤ワイン用)がされ、リクスーリ村のケシュリオンと呼ばれる畑には、フラン・ド・ピエのマヴロダフネと、樹齢80年のヴォスティリディ(白ワイン用)が栽培されている。これらのすばらしいブドウ畑は、真の情熱とともに、人工的なものを一切使わずに耕されている。大変<自然>なやり方(ビオディナミ)で、偉大な独特のワインを産み出し、見事な個性がある。

畑について:

ビオロジック、ビオディナミは一部の畑に適用し、そのほかの畑にはオリジナル自然農法を採用している。
認証機関: BIO Hellas
自社ブドウ畑面積(ha):8ha
自社栽培ブドウ品種:ロボラ、ツァウスィ、マヴロダフネ
主な仕立て方法:ゴブレ式

醸造について:

圧搾方式:空気圧式プレス
年間生産ボトル本数: 100,000本/年(2014年ヒアリング)

 
Wine Shop WINEHOLIC

Wine Sop WINEHOLIC

クーポンコード c16yt4rgtidgjrdmg8rn 
UA-9383280-1