UA-9383280-1
Domaine Ganevat Domaine Ganevatガヌヴァはジュラを代表する自然派の生産者。フランス人が最も愛するジュラのワイの代表格といえる。
明確な個性やインパクトではなく葡萄の質感を優しく表現するワイン。最近ではネゴシアンとしてアンヌがジュラ以外の自然派の葡萄を買い付けブレンドして作られるワインにも挑戦している。
Domaine Ganevat Domaine Ganevatガヌヴァはジュラを代表する自然派の生産者。フランス人が最も愛するジュラのワイの代表格といえる。
明確な個性やインパクトではなく葡萄の質感を優しく表現するワイン。最近ではネゴシアンとしてアンヌがジュラ以外の自然派の葡萄を買い付けブレンドして作られるワインにも挑戦している。
Domaine Ganevat Domaine Ganevatガヌヴァはジュラを代表する自然派の生産者。フランス人が最も愛するジュラのワイの代表格といえる。
明確な個性やインパクトではなく葡萄の質感を優しく表現するワイン。最近ではネゴシアンとしてアンヌがジュラ以外の自然派の葡萄を買い付けブレンドして作られるワインにも挑戦している。

Domaine Ganevat  ドメーヌ・ガヌヴァ


  ガヌヴァはジュラを代表する自然派の生産者。フランス人が最も愛するジュラのワイの代表格といえる。
明確な個性やインパクトではなく葡萄の質感を優しく表現するワイン。最近ではネゴシアンとしてアンヌがジュラ以外の自然派の葡萄を買い付けブレンドして作られるワインにも挑戦している。
15030

Sold Out

Cotes du Jura Poulsard Cuvee de l'Enfant Terrible 2018
コート・デュ・ジュラ・プルサール・キュヴェ・デ・ランファン・テリーブル 2018
【品種】プルサール100%   【植樹】1959年   【収量】30hl/ha   【全房使用率】100%
【発酵】昔ながらの円錐形のトロンコニック木樽を使用し、12~14℃にて人的介入なしで、野生酵母によりマセラ
        シオン・セミ・カルボニック。
【瓶詰】2019年8月
【テイスティングノート】スグリや木苺の香りがチャーミングで、円く柔らかな味わい。余韻に感じられる胡椒のニュ
              アンスが全体を引き締めています。
【アルコール度数】11.0%   【生産量】1500本   ◆SO2無添加

Sold Out

Vin Jaune 2009
ヴァン・ジョーヌ 2009
【ヴァン・ジョーヌ】サヴァニャン種から造られる、ジュラ地方を代表するワインで、10年間(!)ウイエ(補酒)せずに古樽で熟成されてから出荷されます。
【品種】サヴァニャン100%   【植樹】1940年   【収量】30hl/ha   【全房使用率】100%
【瓶詰】2019年12月
【テイスティングノート】産膜酵母(フロール)由来のナッツ、クミンなどの豊かな香りが特徴的で、個性溢れる素晴らしいキュヴェに仕上がっています。
【アルコール度数】14.5%   【生産量】2000本

Sold Out

Cotes du Jura Pinot Noir Les Grands Teppes  2018
コート・デュ・ジュラ・ピノ・ノワール・レ・グラン・テップ 2018
【品種】ピノ・ノワール 100%   【植樹】1949年と、2005年   【収量】30hl/ha    【全房使用率】100%
【土壌】小石が多く混ざった灰色泥炭質
【発酵】昔ながらの円錐形のトロンコニック木樽を使用し、12~14℃にて人的介入なしで、野生酵母によりマセラ
     シオン・セミ・カルボニック。
【瓶詰】2019年8月
【アルコール度数】10.5%   【生産量】2000本   ◆SO2無添加

15030

Sold Out

Cotes du Jura Pinot Noir Cuvee Julien 2018
コート・デュ・ジュラ・ピノ・ノワール・キュヴェ・ジュリアン 2018
【キュヴェ】 キュヴェ『グルス・アン・ビア』のピノ・ノワールを少しブレンドしています
【品種】ピノ・ノワール100%   【植樹】1970年   【収量】14hl/ha   【全房使用率】100%
【土壌】粘土石灰質
【発酵】昔ながらの円錐形のトロンコニック木樽を使用し、12~14℃にて人的介入なしで、野生酵母によりマセラ
シオン・セミ・カルボニック。
【瓶詰】2019年8月
【アルコール度数】11.0%   【生産量】2000本   ◆SO2無添加
15029

Sold Out

Cotes du Jura Cuvee Pinot Noir En Billat 2018
コート・デュ・ジュラ・ピノ・ノワール・キュヴェ・アン・ビア 2018
【キュヴェ】 キュヴェ『グルス・アン・ビア』のピノ・ノワールを少しブレンドしています
【品種】ピノ・ノワール100%   【植樹】1975年   【収量】30hl/ha   【全房使用率】100%
【土壌】粘土石灰質
【発酵】昔ながらの円錐形のトロンコニック木樽を使用し、12~14℃にて人的介入なしで、野生酵母によりマセラ
     シオン・セミ・カルボニック。
【瓶詰】2019年8月
【アルコール度数】11.0%   【生産量】3000本   ◆SO2無添加
15027

Sold Out

Cotes du Jura Trousseau "Plein Sud" 2018
コート・デュ・ジュラ・トゥルソー・プラン・シュッド 2018
【品種】トゥルソー100%   【植樹】1949年と、2000年   【収量】30hl/ha
【土壌】小石が多く混ざった灰色泥炭質   【全房使用率】50%
【発酵】昔ながらの円錐形のトロンコニック木樽を使用し、12~14℃にて人的介入なしで、野生酵母によりマセラ
     シオン・セミ・カルボニック。
【瓶詰】2019年8月
【アルコール度数】10.5%   【生産量】2500本   ◆SO2無添加

15030

Sold Out

Cotes du Jura Chardonnay Chamois du Paradis 2015
コート・デュ・ジュラ・シャルドネ・シャモワ・デュ・パラディ 2015
【シャルドネ100%】
栽培:ビオディナミ  樹齢:約50年  土壌:粘土石灰質
発酵:野生酵母による自然発酵、マロラクティック発酵100%  熟成:古樽にてウイエ(補酒)を行い3年間
無清澄・無濾過・SO2無添加
15029

Sold Out

Cotes du Jura Chardonnay Cuvée Florine 2016
コート・デュ・ジュラ・シャルドネ・キュヴェ・フロリンヌ 2016
【シャルドネ100%】
栽培:ビオディナミ  植樹:1986年  土壌:石灰質
発酵:野生酵母による自然発酵、マロラクティック発酵100%  熟成:中古樽(228L)にて2年間
15027

Sold Out

Julien en Billat L’Enfant terrible du sud 2017
ジュリアン・アン・ビア・ランファン・テリーブル・デュ・シュッド  2017
【プールサール、トゥルソー、ピノ・ノワール】
2017年は深刻な雹被害に遭ったため、3つの畑をアッサンブラージュして醸造。
畑①「Julien en Billat/ジュリアン・アン・ビア"」: ピノ・ノワール種、1977年植樹、粘土石灰質土壌
畑②「l'Enfant Terrible/ランファン・テリーブル」 : プールサール種、1959年植樹
畑③「Plein Sud/プラン・シュッド 」: トゥルソー種、1949年・2000年植樹、粘土石灰質土壌
栽培:ビオディナミ  除梗100%  発酵:野生酵母による自然発酵  熟成:フレンチオーク古樽使用

15033

Sold Out

Cotes du Jura Chardonnay Les Chalasses Vieilles Vignes 2016
コート・デュ・ジュラ・シャルドネ・レ・シャラス・ヴィエイユ・ヴィーニュ 2016
【シャルドネ100%】
生産量が極僅か 15hl/ha という特別なキュヴェ。ファースト・ヴィンテージは1999年。力強く、長熟する白ワインで、全てのキュヴェの中で一番最後に瓶詰を行います。  栽培:ビオディナミ  植樹:1902年  土壌:グレー泥灰土
発酵:野生酵母による自然発酵、マロラクティック発酵100%  熟成:古樽使用
15032

Sold Out

Cotes du Jura Blanc Les Gryphées Vieilles Vignes 2015
コート・デュ・ジュラ・ブラン・レ・グリフェ・ヴィエイユ・ヴィーニュ 2015
【シャルドネ100%】
「Gryphées/グリフェ」とはフランス語で「牡蠣の殻の化石」を意味します。  栽培:ビオディナミ  土壌:砂質と泥炭質
発酵:野生酵母による自然発酵、マロラクティック発酵100%
熟成:古樽にてシュール・リーで2年間熟成され、清澄も澱引きもせず瓶詰めされます。
15031

Sold Out

Cotes du Jura Chardonnay Grusse en Billat 2015
コート・デュ・ジュラ・シャルドネ・グルース・アン・ビア 2015
【シャルドネ100%】
栽培:ビオディナミ  植樹:1960年  土壌:片岩泥灰土  畑面積:約1.8ha
発酵:野生酵母による自然発酵、マロラクティック発酵100%  熟成:中古樽使用

15036

Sold Out

Cotes du Jura Savagnin Les Chalasses Marnes Bleues 2016
コート・デュ・ジュラ・サヴァニャン・レ・シャラス・マルヌ・ブルー 2016
【サヴァニャン 100%】
ウイエ(補酒)を施して酸化させていないタイプで、 果実の芳醇さとミネラル感、クリアな品種の特徴を体現したキュヴェ。
栽培:ビオディナミ  植樹:1933年  土壌:粘土質
発酵:野生酵母による自然発酵、マロラクティック発酵100%  熟成:古樽使用
15035

Sold Out

Cotes du Jura Cuvee Oregane 2016
コート・デュ・ジュラ・キュヴェ・オレガン 2016
【サヴァニャン 50%  シャルドネ 50%】
今やジュラ地方でも姿を消しつつあるシャルドネの古代品種「ムロン・ア・クー・ルージュ」と、ウイエ(補酒)したサヴァニャンの半分づつのブレンド。 「Orégane/オレガン」とはドメーヌで畑仕事を担っている馬の名前です。
栽培:ビオディナミ  品種①ムロン・ア・クー・ルージュ(シャルドネの古代品種)50% ②サヴァニャン 50%
発酵:野生酵母による自然発酵、マロラクティック発酵100%  熟成:古樽使用
15034

Sold Out

Cotes du Jura Chardonnay Les Grands Teppes Vieilles Vignes 2016
コート・デュ・ジュラ・シャルドネ・レ・グラン・テップ・ヴィエイユ・ヴィーニュ 2016
【シャルドネ100%】
『シャラス・ヴィエイユ・ヴィーニュ」に最も近いタイプで、より大柄でリッチで男性的なキュヴェです。
栽培:ビオディナミ  植樹:1919年  土壌:赤い泥灰土と砂利質
発酵:野生酵母による自然発酵、マロラクティック発酵100%  熟成:古樽使用

Cuvee Marguerite 2016 1500ml
キュヴェ・マルグリット 2016  1500ml
【キュヴェ】生産量が非常に少ないので、マグナムのみリリース【品種】シャルドネ100% (「ムロン・ア・クー・ルージュ」という名のとても生産量の少ないシャルドネの古代品種)
【植樹】1902年  【土壌】グレー泥灰土【熟成】中古樽使用【テイスティングノート】圧倒的な凝縮感とエキゾチックな香りのする最も豊かでみずみずしい味わい。アルコール度数:14.0%
15038

Sold Out

Cotes du Jura Savagnin Les Vignes de mon Pere 2008
コート・デュ・ジュラ・サヴァニャン・レ・ヴィーニュ・ド・モン・ペール 2008
ドメーヌにおいて初めて「酸化防止剤無添加」に挑戦した記念すべきキュヴェです。ウイエ(補酒)を行っていますが若干酸化のニュアンスがあり、非常に大柄で深い味わいです。
栽培:ビオディナミ  醸造:野生酵母による自然発酵、マロラクティック発酵100%  熟成:古樽使用
Les Grands Teppes Vieilles Vignes 2011

Sold Out

Vieux Macvin du Jura
ビュー・マクヴァン・ド・ジュラ
1977年植樹(粘土石灰質土壌)ピノ・ノワール100%。
Grusse en billat のピノ・ノワールを少しブレンドしていま す。これはシャルドネの果汁とマールを混ぜて樽熟したヴァン・ド・リキュールです。マクヴァンは2003年の果汁で造られ、1991年もののマールを添加したヴァン・ド・リクールです。8年間、樽で熟成させた後、瓶詰めを行っています。
 
 
 

ガヌヴァとは

 
 

詳細・歴史

1650年まで歴史を遡ることができる、ジュラを代表する伝統的なドメーヌで、現在は14代目のジャン・フランソワ・ガヌヴァ氏が運営しています。1976年までは牛を飼育してコンテチーズの生産もしていましたが、現当主の父親の代からはワイン造りのみを行うようになりました。現当主のジャン氏は1980年から父親とともにワイン造りを始めましたが、ビオディナミを学ぶために、ブルゴーニュ地方のシャサーニュ・モンラッシェの「ドメーヌ・ジャン・マルク・モレ」で働き、ビオディナミの哲学を習得し、当「ドメーヌ・ガヌヴァ」にて1998年からビオディナミによるワイン造りをスタートさせました。
 

【畑立地】ジュラ地方の中部、ロタリエ村
【面積】8.5ha (白ブドウ:3.5ha、黒ブドウ:5ha)
【管理】全てビオディナミ 
【年産】35000
 

醸造

【白ワイン】全てマロラクティック発酵を行い、醸造中はSO2不使用。熟成樽:228L300L400L
【赤ワイン】100%徐梗し、熟成樽はブルゴーニュ産を使用


Anne et Jean-Francois Ganevat  アンヌ・エ・ジャン・フランソワ・ガヌヴァ


Vin de France Rouge "La Croix des Batailles"   2019
ヴァン・ド・フランス・ルージュ・ラ・クロワ・デ・バタイユ 2019
【品種】ガメイ 100%
【産地】ジュラ地方ロタリエ村   【土壌】花崗岩
【発酵】昔ながらの円錐形のトロンコニック木樽を用いて、人的介入なしで、野生酵母によりマセラシオン・カルボニック
【熟成】樽にて12カ月間
【テイスティングノート】フレッシュなベリー系果実やジャスミンの花のようなアロマが実にチャーミングに感じられ、しなやかなレースのような舌ざわりで、たっぷりとした果実味と共に長い余韻へといざなわれます。
【アルコール度数】11.9%   ◆無清澄・無濾過・SO2無添加
Vin de France Rouge "De Toute Beauté" 2019
ヴァン・ド・フランス・ルージュ・ドゥ・トゥット・ボテ 2019
【品種】10品種:①≪約40%≫ ガメイ 《産地》ボジョレー地区フルーリー&モルゴン 《樹齢》50年以上
           ②≪約30%≫ ピノ・ノワール 《樹齢》60~80年
           ③≪約30%≫ ジュラ古代品種:プチ・ベクラン、グロ・ベクラン、グーシュ、アルガンなど8種
《ブドウ樹》接ぎ木をしていない自根の樹 《樹齢》約15年
【収量】40hl/ha  【全房使用率】100%
【醸造】昔ながらの円錐形のトロンコニック木樽を用いて、ピジュアージュを足で行い、人的介入なしで、野性酵母によりマセラシオン・カルボニック
【アルコール度数】13.0%   ◆SO2無添加

Sold Out

Vin de Franve Petillant "La Bubulle a Jeannot" (2017)
ヴァン・ド・フランス・ペティアン・ラ・ビュビュラ・ジャノ 2017
【キュヴェ】瓶内二次発酵を経て造られた自然派のロゼ・ペティアン(微発泡酒)
【タイプ】ロゼ発泡
【品種】ガメイ、 プールサール
【樹齢】約40年   【収量】40hl/ha    【全房使用率】100%
【醸造】瓶内二次発酵
【アルコール度数】12.2%   ◆SO2無添加

Vin de France Rouge "Poulprix" 2019
ヴァン・ド・フランス・ルージュ・プルプリ 2019
【品種/産地】ガメイ(ボージョレ―)、 プールサール(ジュラ)、 サヴァニャン(ジュラ)
【樹齢】約40年   【収量】40hl/ha   【全房使用率】100%
【発酵】昔ながらの円錐形のトロンコニック木樽と、一部アンフォラを用いて、人的介入なしで、野生酵母によりマセラシオン・ カルボニック
【マロラクティック発酵】100%
【テイスティングノート】フレッシュな果実やスパイス、ジビエなどの複雑なアロマがあり、フレッシュで軽やかなアタックですが、骨格のしっかりした引き締まった味わいです。
【アルコール度数】12.5%   ◆無清澄・無濾過・SO2無添加
Vin de France Rouge "Cuvée Madelon"  2019
ヴァン・ド・フランス・ルージュ・キュヴェ・マドゥロン 2019
【品種①】ガメイ 《産地》ボジョレー地区モルゴン産村 《樹齢》約40年
【品種②】アンファリネ 《産地》ジュラ地方  《樹齢》15年 《ブドウ樹》接ぎ木をしていない自根の樹
【品種③】トゥルソー 《産地》ジュラ地方 《樹齢》約40年
【土壌】花崗岩、泥混じりの石灰質   【収量】50hl/ha  【全房使用率】100%
【醸造】昔ながらの円錐形のトロンコニック木樽を用いて、ピジュアージュを足で行い、人的介入なしで、野性酵母によりマセラシオン・カルボニック
【マロラクティック発酵】あり
【テイスティングノート】サーブする1~2時間前に抜栓しておくことをお勧めします。6年程熟成可能でしょう。
【アルコール度数】13.0%   ◆SO2無添加
 Vin de Table Blanc "Agite"  2018  1500ml
ヴァン・ド・ターブル・ブラン・アジテ 2018  1500ml
【品種】シャルドネ 50%、 サヴァニャン 50%
【樹齢】1999年
【発酵】マセラシオンを施し、木樽にて野生酵母による自然発酵
【熟成】ウイヤージュ(補酒)を施しながら熟成
【テイスティングノート】青りんごや黄色い果実、美しいミネラルのアロマが広がり、きれいな酸を伴う爽やかな口当たりです。
【アルコール度数】12.0%   ◆無清澄・無濾過・SO2無添加

Cotes du Jura Blanc Savagnin "Les Resistants" 2017
コート・デュ・ジュラ・ブラン・サヴァニャン・レ・レジスタン 2017
【キュヴェ】霜の被害によって低収量になったいくつかの区画のブレンドキュヴェ
【品種】サヴァニャン 100%
【土壌】粘土石灰質
【醸造】古樽(600L)にて、36カ月間野生酵母による自然発酵と熟成
【アルコール度数】13.4%   ◆無清澄・無濾過・SO2無添加
Cotes du Jura Blanc Chardonnay "Les Miracules" 2017
【キュヴェ】霜の被害によって低収量になったいくつかの区画のブレンドキュヴェ
【品種】シャルドネ 100%
【土壌】粘土石灰質
【醸造】古樽(600L)にて、36カ月間野生酵母による自然発酵と熟成
【アルコール度数】13.8%   ◆無清澄・無濾過・SO2無添加
Vin de France Rouge "J'en Veux Encore" 2019
ヴァン・ド・フランス・ルージュ・ジャン・ヴ・アンコール 2019
【品種】①ピノ・ノワール  ②ピノ・グリ(アルザス産)
【樹齢】いずれも約50年   【収量】40hl/ha   【全房使用率】100%
【醸造】昔ながらの円錐形のトロンコニック木樽を用いて、ピジュアージュを足で行い、人的介入なしで、野性酵母によりマセラシオン・カルボニック
【アルコール度数】12.7%   ◆無濾過・SO2無添加

Cotes du Jura blanc Chardonnay 2016
コート・デュ・ジュラ・ブラン・シャルドネ 2016
【キュヴェ】本拠地のロタリエ村の複数区画のブレンドキュヴェ
【品種】シャルドネ 100%
【樹齢】平均50年   【土壌】石灰岩粘土質   【全房使用率】
【醸造】湿度の高いセラーにて、木樽(Demi-muid:500~650L)を使用し4年間、野生酵母による自然発酵と熟成
【アルコール度数】13.3%   ◆無清澄・無濾過・SO2無添加
Arbois Chardonnay "Arces" 2018
アルヴォワ・シャルドネ・アルス 2018
【品種】シャルドネ 100%
【畑】単一畑キュヴェ   【土壌】粘土石灰質
【全房使用率】100%
【醸造】古樽(600L)にて、野生酵母による自然発酵を行い、24カ月間熟成
【アルコール度数】13.4%   ◆無清澄・無濾過・SO2無添加
Cotes du Jura Blanc "La Graviere" 2018
コート・デュ・ジュラ・ブラン・ラ・グラヴィエール 2018
【品種】シャルドネ 100%
【土壌】灰色と虹色の貝殻が含まれるリアスの石灰質
【ブドウ樹】ヴィエイユ・ヴィーニュ
【醸造】極限まで手を掛けず、シュール・リーにて30カ月間野生酵母による自然発酵と熟成
【アルコール度数】13.3%   ◆無清澄・無濾過・SO2無添加

Cotes du Jura Chardonnay Chamois du Paradis 2018
コート・デュ・ジュラ・シャルドネ・シャモワ・デュ・パラディ 2018
【シャルドネ100%】
栽培:ビオディナミ  樹齢:約50年  土壌:粘土石灰質
発酵:野生酵母による自然発酵、マロラクティック発酵100%  熟成:古樽にてウイエ(補酒)を行い3年間
無清澄・無濾過・SO2無添加
15030

Sold Out

Côtes du Jura blanc Chardonnay "Fortbeau" 2016
コート・デュ・ジュラ・ブラン・シャルドネ・フォールボー 2016
【品種】シャルドネ 100%   【樹齢】約60年   【収量】35hl/ha  【全房使用率】100%                  【土壌】リアス泥土土壌 (リアス:ジュラ紀前期)
【醸造】フードルを用いて、シュールリーにて3年間かけて人的介入なしで、野生酵母による自然発酵と熟成
【瓶詰時期】2019年12月   【生産量】《750ml》3000本 《1500ml》200本
【アルコール度数】12.5%   ◆無清澄・無濾過・SO2無添加
15024

Sokd Out

Vin de Table Blanc "Mon Luc" (2017)
ヴァン・ド・ターブル・ブラン・モン・リュック 2017
アルザス産のピノ・グリで造る、ノン・ドゼのクレマン。瓶詰後に瓶内二次発酵を行い、デゴルジュマン(澱引き)を行わずに出荷されます。

Cotes du Jura blanc "Les Cedres" 2016
コート・デュ・ジュラ・ブラン・レ・セドル 2016
【品種】シャルドネ 100%
【土壌】ジュラ紀に形成された泥灰土と石灰岩   【樹齢》約60年   【収量】30hl/ha  【全房使用率】100%
【醸造】木樽(350L)を用いて、シュールリーにて3年間かけて人的介入なしで、野生酵母による自然発酵と熟成
【サービス】カラフェに移すことも可能です。
【瓶詰時期】2019年12月   【生産量】2000本
【アルコール度数】13.5%   ◆無清澄・無濾過・SO2無添加
Vin de France Rouge "Cuvée Madelon"
ヴァン・ド・フランス・ルージュ・キュヴェ・マドゥロン
【品種・産地・樹齢】①ガメイ(ブルゴーニュ地方 ボジョレー地区 モルゴン産) 樹齢約40年
              ②アンファリネ 樹齢14年(接ぎ木をしていない自根の樹)
                       ③トゥルソー 樹齢約40年
【土壌】花崗岩、泥混じりの石灰質   【収量】50hl/ha  【全房使用率】100%
【醸造】昔ながらの円錐形のトロンコニック木樽を用いて、ピジュアージュを足で行い、人的介入なしで、野性酵母によりマセラシオン・カルボニック
【マロラクティック発酵】あり
【テイスティングノート】サーブする1~2時間前に抜栓しておくことをお勧めします。6年程熟成可能でしょう。
【瓶詰時期】2019年8月   【生産量】3000本
【アルコール度数】12.0%   ◆SO2無添加
Vin de France Blanc "Kopin" 2017
ヴァン・ド・フランス・ブラン・コパン 2017
【品種】シャルドネ(ジュラ産、ブルゴーニュ産)、 サヴァニャン(ジュラ産)、 リースリング(アルザス産)
【樹齢】いずれも約40年   【収量】40hl/ha   【全房使用率】100%
【醸造】木樽にて野生酵母による自然発酵と熟成
【瓶詰時期】2019年12月   【生産量】5000本
【アルコール度数】12.0%   ◆無清澄・無濾過・SO2無添加

Vin de Table Blanc "Victor de la Combe" (2017)
ヴァン・ド・ターブル・ブラン・ヴィクトール・ドゥ・ラ・コンブ 2017
 
【キュヴェ】ブルゴーニュ地方マコネ地区の個性的な土壌に植えられたの古木のシャルドネから造られたキュヴェ
【品種】シャルドネ 100% (ブルゴーニュ地方 マコネ産)   【樹齢】約40年   【収量】40hl/ha  【全房使用率】100%
【土壌】傾斜があり、泥灰土と石灰岩が多く占め、表面が茶色が買った土壌
【醸造】シュールリーにて2年間かけて野生酵母による自然発酵と熟成
【瓶詰時期】2019年12月   【生産量】3000本
【アルコール度数】12.5%   ◆無清澄・無濾過・SO2無添加
Vin de France Rouge "J'en Veux Encore" 2018
ヴァン・ド・フランス・ルージュ・ジャン・ヴ・アンコール 2018
【品種】①ピノ・ノワール  ②ピノ・グリ(アルザス産)   【樹齢】いずれも約50年   【収量】40hl/ha            【全房使用率】100%
【醸造】昔ながらの円錐形のトロンコニック木樽を用いて、ピジュアージュを足で行い、人的介入なしで、野性酵母により
     マセラシオン・カルボニック
【瓶詰時期】2019年8月   【生産量】《750ml》4000本 《1500ml》200本
【アルコール度数】13.0%   ◆無濾過・SO2無添加

Sold Out

Vin de France Rouge "Le Jaja du Fred" (2018)
ヴァン・ド・フランス・ルージュ・ル・ジャジャ・デュ・フレッド 2018
【品種】ピノ・ノワール 100%(ブルゴーニュ地方ヴォルネイ産)   【樹齢】約50年   【収量】35hl/ha           【全房使用率】100%
【醸造】木樽を用いて、人的介入なしで、野生酵母による自然発酵をと熟成を行う
【瓶詰時期】2019年8月   【生産量】2000本
【アルコール度数】12.5%   ◆無清澄・無濾過・SO2無添加
 

Vin de France Rouge "Rota Gamète" (2018) 3L
ヴァン・ド・フランス・ルージュ・ロタ・ガメット 3L  2018
【容量】3000ml / ジェロボアム
【品種】ガメイ(ジュラ産)、 ジュラ土着品種   【樹齢】約70年   【収量】40hl/ha   【全房使用率】100%
【醸造】フードルを用いて、野生酵母による自然発酵と、1年間の熟成
【瓶詰時期】2019年8月   【生産量】100本
【アルコール度数】11.5%   ◆無清澄・無濾過・SO2無添加

Sold Out

Vin de Table Pétillant Blanc "Rott'Fall'R" (2017)
ヴァン・ド・ターブル・ペティアン・ブラン・ロットフォーレール 2017
【キュヴェ】瓶内二次発酵を経て造られた自然派のペティアン(微発泡酒)
【タイプ】白発泡
【品種】リースリング 100%(アルザス産)   【樹齢】約40年   【収量】40hl/ha  【全房使用率】100%
【醸造】瓶内二次発酵
【瓶詰時期】2019年12月   【生産量】3000本
【アルコール度数】12.0%

Sold Out

Côtes du Jura blanc Chardonnay "Fortbeau" 2016  1500ml
コート・デュ・ジュラ・ブラン・シャルドネ・フォールボー 2016  1500ml
【品種】シャルドネ 100%   【樹齢】約60年   【収量】35hl/ha  【全房使用率】100%                  【土壌】リアス泥土土壌 (リアス:ジュラ紀前期)
【醸造】フードルを用いて、シュールリーにて3年間かけて人的介入なしで、野生酵母による自然発酵と熟成
【瓶詰時期】2019年12月   【生産量】《750ml》3000本 《1500ml》200本
【アルコール度数】12.5%   ◆無清澄・無濾過・SO2無添加

Anne et Jean-Francois Ganevat / Vin de France Rouge "Libre-K" 2014

Sold Out

Vin de France Rouge "Libre-K" 2014
ヴァン・ド・フランス・ルージュ・リーブル・カ [2014]
モルゴンのガメ80%と、残りはジュラ古代品種のブレンドです。1ヶ月間全房発酵ののち筒型の樽で熟成されます。
Vin de France Rouge "De Toute Beauté" 2018
ヴァン・ド・フランス・ルージュ・ドゥ・トゥット・ボテ 2018
【品種】10品種:①≪約40%≫ガメイ 【産地】ボジョレー地区フルーリー&モルゴン 【樹齢】50年以上
           ②≪約30%≫ピノ・ノワール 【樹齢】60~80年
           ③≪約30%≫ジュラ古代品種:プチ・ベクラン、グロ・ベクラン、グーシュ、アルガンなど8種
                               台木なし 【樹齢】約15年
【収量】40hl/ha  【全房使用率】100%
【醸造】昔ながらの円錐形のトロンコニック木樽を用いて、ピジュアージュを足で行い、人的介入なしで、野性酵母により
     マセラシオン・カルボニック
【瓶詰時期】2019年8月   【生産量】3000本
【アルコール度数】12.0%   ◆SO2無添加
Vin de France Rouge "Le P'tiot Roukin" (2016)
ヴァン・ド・フランス・ルージュ・ル・プチオ・ルカン [2016]
【品種】12品種:主にヴィエイユ・ヴィーニュ(古木)のガメイ、シラー、プルサール、
     自社畑のジュラの土着品種(プティ・べクラン、グロ・ベクラン、アンファリネ等)
     ”ル・ジャジャ・デュ・ベン”とは異なる区画のブドウを使用
【醸造】セミ・マセラシオン・カルボニックをトロンコニック樽にて20日間行い、野生酵母による自然発酵
【テイスティングノート】熟したクランベリーなどの黒い果実、クレーム・ド・セリーズのようなアロマ。率直なアタックで、丸みを
      帯びていながら存在を主張するタンニンがあり、スパイス風味の余韻があります。
      15℃程でのサーヴが好ましいでしょう。今から8年程が飲み頃です。
アルコール度数:【2017年】13.0%
 

15026

Sold Out

Vin de France Rouge "Les Dentelles" (2017)
ヴァン・ド・フランス・ルージュ・レ・ダンテル 2017
【シラー グルナッシュ】
醸造:アンフォラを用いて、ルモンタージュやピジャージュなど、一切の人為的介入を行わず、野生酵母による醸造を行う。無清澄・無濾過・SO2無添加
15025

Sold Out

Vin de France Rouge "Pet Nat J'ai soif" (2017)
ヴァン・ド・フランス・ルージュ・ペットナット・ジェソワフ 2017
【グルナッシュ100%】
”J'ai soif."とはフランス語で 「のどがカラカラ~」の意味。ボークルーズ地区のグルナッシュで造る微発泡ワイン(ペットナット)。瓶詰後に瓶内二次発酵を行い、デゴルジュマン(澱引き)を行わずに出荷されます。
Cotes du Jura Blanc Antide 2015
コート・デュ・ジュラ・ブラン・アンティッド 2015
栽培:ビオディナミ  植樹:1933年  土壌:リアス泥土土壌
発酵:野生酵母による自然発酵、マロラクティック発酵100%
熟成:古樽フードルにてウイヤージュ(補酒)を行いながら、シュールリーにて30カ月間

Cotes du Jura blanc "Les Cedres" 2015

Sold Out

Cotes du Jura blanc "Les Cedres" 2015
コート・デュ・ジュラ・レ・セドル
土壌:ジュラ紀に形成されたマルノ石灰岩  樹:古木
醸造:極限まで手を掛けず、シュール・リーにて30カ月間かけて醸造
カラフェに移すことも可能です。  
Cotes du Jura blanc "Les Cedres" 2015

Sold Out

Cotes du Jura blanc "La Graviere" 2015
コート・デュ・ジュラ・グラヴィエール
土壌:リアスの灰色と虹色の貝殻が含まれる石灰質  樹:古木
醸造:極限まで手を掛けず、シュール・リーにて30カ月間かけて醸造
カラフェに移すことも可能です。 
Anne et Jean-Francois Ganevat / Vin de France Blanc "L'ailleurs"

Sold Out

Vin de France Blanc "L'ailleurs"
ヴァン・ド・フランス・ブラン・ライユール
アルザスとジュラ品種のブレンド。大部分をピノ・オーセロワが占め、ジュラのサヴァニャンとアンファリネで骨格と複雑味をプラスしています。

Anne et Jean-Francois Ganevat / Le Zaune a Dedee

Sold Out

Le Zaune a Dedee
ル・ゾース・ア・デデ
【品種】サヴァニャン、ゲヴュルツトラミネール
【醸造】マセラシオン後、野性酵母にて自然発酵し、フロール(産膜酵母)の下で熟成させます。
【テイスティングノート】バラやスパイスのアロマ、凝縮した果実味、複雑でオレンジの皮の苦みのようなニュアンスが心地よ
     い風味。14℃程でのサーブが好ましいでしょう。今から7年程が飲み頃。
アルコール度数:14.5%  無濾過・無清澄
Anne et Jean-Fran?ois Ganevat / Vin de France Rouge "Le Jaja du Ben"

Sold Out

Vin de France Rouge "Le Jaja du Ben"
ヴァン・ド・フランス・ルージュ・ル・ジャジャ・デュ・ベン
ヴィエイユ・ヴィーニュのガメ、プルサール、”ジャン・ヴ”で以前使用されていたジュラの古代品種約10種類のブレンドから作られています。
Anne et Jean-Francois Ganevat / Vin de France Rouge "Libre-K" 2014

Sold Out

Vin de France Rouge "Libre-K" 2014
ヴァン・ド・フランス・ルージュ・リーブル・カ [2014]
モルゴンのガメ80%と、残りはジュラ古代品種のブレンドです。1ヶ月間全房発酵ののち筒型の樽で熟成されます。
 
 

アンヌ・エ・ジャン・フランソワ・ガヌヴァとは

 
 

詳細・歴史

2013年、ジュラの奇人 『ドメーヌ・ガヌヴァ』 当主のジャン・フランソワ氏と彼の妹アンヌが、収量の低下と気候変動の増加に対応するために共同で立ち上げたネゴシアンです。創業当時ジュラ地方では2012年は霜害、2013年は春の雨により結実が半減し、両年とも収量が非常に少なく極少量しかワインを造れないという年が続きました。彼らはこのネゴシアン部門を設立すると同時に、ボジョレー地方の醸造家の友人から 「ブルーイ」、「フルーリー」、「モルゴン」の畑を合わせて1.5ha購入し、地元ジュラ地方のブドウと他の産地のブドウをブレンドし、唯一無二のキュヴェを生み出しています。複数の産地のブドウを使用しているためカテゴリーは 『ヴァン・ド・フランス』 になりますが、その自由な発想で造られるキュヴェは、発売と同時に本国フランスで即完売となるファン垂涎の人気を博しています。現在は自社畑のブドウの他に、サヴォワ地区の『ドメーヌ・ジャッキーノ』、ならびに『ドメーヌ・デュ・セリエ・デ・クレ』から、ビオロジックやビオディナミで栽培されているブドウも購入しています。

【品種】土着品種に着目しています。
【栽培】ビオディナミ、もしくはビオロジックで管理されている畑のブドウのみ
 

醸造

自社所有ではない畑のブドウは収穫後全てブドウの状態でロタリエにあるドメーヌに運ばれます。
除梗後、野生酵母で、出来る限り干渉しない方法で発酵を促し、一部、アンフォラでの熟成も行っています。
全てSO2は無添加です。

 
Wine Shop WINEHOLIC

Wine Sop WINEHOLIC

UA-9383280-1