驚くほど美味しいリーズナブル系の救世主

Kleine Zalze Wines
クライン・ザルゼ・ワインズ

 
 
 
 
 
 南アフリカでラフィネが輸入するワインとしては比較的生産量の多い作り手です。コンクールなどで多くの賞を得ているのを見てもわかるように非常に品質に優れ特にリーズナブル系の質の高さが際立ち、普段飲みのワインのシリーズは新しくワインホリックの定番ともなっています。なんと言っても凄いのがファミリーリザーブ。これは本当に美味しいワインです。
クライン・ザルゼ・ワインズ クライン・ザルゼ・ワインズ2 クライン・ザルゼ・ワインズ3
Method Cap Classique (MCC) Brut NV
メソッド・キャップ・クラッシック・ブリュット
【品種】シャルドネ60% ピノ・ノワール40%
【産地】ステレンボッシュのフォルス・ベイ/False Bay 【収穫】充分な果実味と美しい酸を得るため、早朝の涼しいうちに手摘みにて行います
【全房使用率】100% 【醸造】フリーランジュースのみを使用し、品種ごとに分け、一次発酵をステンレスタンクにて行います。
     瓶内二次発酵は36カ月間に及び、じっくりと澱と共に寝かされました。 【ドサージュ】4g/L  【残糖分】3.4g/L 【テイスティングノート】シャンパーニュ製法で3年以上の時を経て造られたMCCスパークリングらしく、非常に繊細     な泡が立ち上り、焼き立てのブリオッシュやビスコッティなどのエレガントな酵母由来のアロマがあります。     シャルドネ由来の繊細さと、ピノ・ノワールの優雅さのバランスが非常によく、果実味と酸味のバランスがよく     クリーミーな余韻を楽しめるフルボディのMCCと言えます。
アルコール度数:11.5%
Cellar Selection Chenin Blanc Bush Vines 2018

Sold Out

Cellar Selection Chenin Blanc Bush Vines 2020
セラー・セレクション・シュナン・ブラン・ブッシュ・ヴァインズ [2020]
ブドウは区画ごとに成熟度によって収穫され、醸造されます。発酵前12~24時間スキンコンタクトし、タンクに移され低温で発酵を開始します。発酵後、澱とともにタンク内で熟成し、ブレンドして瓶詰めを行います。
熟したパイナップルとグァヴァの香り、リッチで熟したレモンとライムの果実味が口一杯に広がります。アフターには繊細なミネラル感が続き、3~5年は良く熟成します。
Family Reserve Cabernet Sauvignon 2015
ファミリー・リザーヴ・カベルネ・ソーヴィニヨン [2015]
畑は、所有する敷地の中でも最も高い丘の上にあります。乾燥した地理的条件にありながら、ブドウは水分保持に優れた花崗岩地層の恩恵を受けています。収穫後、醸造所で更に選果を経て、50%は破砕、50%は全房で3日間浸漬されます。開放桶で約5週間かけて発酵。その間、果実の要素を最大限引き出すためパンチダウンとパンプオーヴァーを行います。新樽率100%で24か月間熟成されます。2009ヴィンテージはピュアな果実の凝縮感にあふれ、余韻の長いワインです。

Cellar Selection Chardonnay 2020
セラー・セレクション・シャルドネ [2020]
ブドウは区画ごとに成熟度によって収穫され、醸造されます。発酵前12~24時間スキンコンタクトし、タンクに移され低温で発酵を開始します。発酵後、澱とともにタンク内で熟成し、ブレンドして瓶詰めを行います。
メロンや洋梨の香りにあふれ溌剌としたワインです。白桃や柑橘系の豊かな味わいに、カキ殻のようなミネラル感が骨格をもたらし、綺麗な酸がアフターを引き締めています。数年熟成させてもより素晴らしい味わいになります。
Vineyard Selection Chenin Blanc 2020
ヴィンヤード・セレクション・シュナン・ブラン 2020
畑は全体的に標高が低めの南西向き斜面で、ブッシュヴァインのため低収量です。樹齢は25~50年。ブドウは破砕した後ステンレスタンクに入れられ、圧搾の前にスキンコンタクトの過程を経ます。次いでジュースは温度管理の出来る樽に移されて発酵(新樽率20%、2年使用樽40%、残りは3年使用樽)。桃、ライム、ライチ、メロンなどフルーツの香りとフレンチオークフレーバーのあいまったバランスの取れたワインです。
Vineyard Selection Chardonnay 2018
ヴィンヤード・セレクション・シャルドネ [2018]
ブドウはステレンボッシュとロバートソンの二つのエリアから収穫されます。ステレンボッシュの畑は樹齢が高く、深みのある味わいを持つ果実が、ロバートソンからはフルーツ感やミネラルに富んだ果実が収穫出来ます。ブドウは破砕した後ステンレスタンクに入れられ、圧搾の前にスキンコンタクトの過程を経ます。次いでジュースは温度管理の出来る樽に移されて発酵(新樽率50%、2年使用樽30%、残りは3年使用樽)。ライム、洋梨や柑橘果実の花の香りが華やかで、豊かなミネラルを持ち、余韻の非常に長いワインです。

Vineyard Selection Cabernet Sauvignon 2018
ヴィンヤード・セレクション・カベルネ・ソーヴィニヨン [2018]
2012年の冬は非常に乾燥がちで南東から吹く風を畑に受け、その結果、凝縮して実のしまった果実になりました。畑での選果と、更に醸造所でも選果をして完璧な果実のみ使用しています。除梗の後、ブドウはステンレスタンクと伝統的な開放桶に入れられて発酵過程に移ります。フレンチオーク(新樽率40%、2年使用樽30%、残りは3年使用樽)で20か月熟成の後、ブレンドして瓶詰めされます。ブラックチェリーやカシスなどの黒系果実やタバコのニュアンスを持ち、タンニンは細かく柔らかなリッチなワインです。
Cellar Selection Cabernet Sauvignon 2018
セラー・セレクション・カベルネ・ソーヴィニヨン [2018]
ブドウは収穫後、低温で3日間マセラシオンされます。その後、50%のブドウがライニングされた開放セメント槽で発酵され、残りのブドウが閉じたステンレスタンクで発酵されます。発酵後、2~3年樽で14ヶ月熟成され瓶詰めされます。
ブラックカラント、チョコレート、スパイスの香りが特徴的で、色は深い赤色で、甘草や杉の風味が心地よく広がり、フィニッシュには綺麗な酸があり、濃厚でありながらエレガントなワインです。現在~7年程、飲み頃が続きます。
Vineyard Selection Grenache 2017
ヴィンヤード・セレクション・グルナッシュ [2017]
【キュヴェ】かのブティック・ワイナリーで有名な「Savage Wines/サヴェージ・ワインズ」の人気キュヴェ「Follow theLine/フォロー・ザ・ライン」と同じ畑のブドウから造られたキュヴェですが、弊社ラフィネに全て分けてもらったため、一般では売られていない特別キュヴェです。『クライン・ザルゼ』 らしくエレガントに仕上がったグルナッシュです。
【産地】ダーリン(単一畑)
【畑】サヴェージ・ワインズの「Follow the Line」と同じ畑で、標高は190m
【土壌】深い砂壌の下に粘土質  【植樹】1981年(樹齢37年前後)  【全房使用率】30%
【発酵】破砕せずステンレスタンクにて、1日2回のポンピングオーバを行い2週間
【熟成】グルナッシュのフレッシュさを保つため樽は使用せずステンレスタンクにて10カ月間
【アルコール度数】13.0%

Vineyard Selection Cabernet Sauvignon 2017

Sold Out

Family Reserve Chenin Blanc 2018
ファミリー・リザーヴ・シュナン・ブラン 2018
【産地】ステレンボッシュにある3つの異なる土壌、それぞれの区画のシュナン・ブランを使用することでステレンボッシュを表現
【仕立て】ブッシュヴァイン
【スキンコンタクト】収穫後に絞られたジュースは区画ごとに12~18時間の間、スキンコンタクトをしたのち発酵へ
【発酵】400Lのオーク樽にて発酵。シュナン・ブランのデリケートな個性を活かすために新樽は使用することなく、2年、3年、4年使用の古樽にて発酵
【熟成】シュールリーにて、毎月バトナージュを行い1年間樽熟成ののちブレンド
【テイスティングノート】シトラスやカリンの加えて、洋ナシの柔らかで甘い果物の香りが幾層にも広がります。ふっくらとした口あたりと透明感のある果実。決して主張はしない樽のニュアンスが味わいに複雑味を与え上品な印象を受けます。ステレンボッシュならではの果実感とミネラルに溢れた白ワイン。
無濾過・無清澄
Family Reserve Cabernet Sauvignon 2016
ファミリー・リザーヴ・カベルネ・ソーヴィニヨン 2016
【畑立地】所有する敷地の中で最も高い丘の上
【土壌】花崗岩:水分保持にすぐれており乾燥した地理的条件にありながらブドウ栽培に適している
【選果】醸造所にて厳格に選果  【全房使用率】50%  【浸漬】3日間
【発酵】ステンレスタンクと伝統的な開放樽にて約5週間かけて発酵し、その間果実の要素を最大限引き出すため、パンチングダウンとポンピングオーバーを行います。
【熟成】新樽(75%)、2年と3年使用樽(25%)にて約20ヶ月熟成。樽熟成の後にそれぞれの樽をブレンドし瓶詰め。
【テイスティングノート】ブラックベリーや黒スグリに加えて、南アフリカ・ケープタウン周辺に原生している数々のハーブや細い灌木など、独自の植物たちの総称の"フィンボス"のニュアンスがグラスいっぱいに広がります。しっかりとした口あたりとタンニンがワイン全体を引き締めると同時に、ゆったりとした果実を覆い骨格を形成。カベルネ・ソーヴィニヨンならではのベリーと品の良い樽の香り、そしてスパイスを思わせる香りと味わいが三位一体となった長い余韻。
 
 
 

クライン・ザルゼ・ワインズとは

 
 

文献によると南アフリカにワイナリーが興されたのは1685年のことです。ワイナリーとしてのクライン・ザルゼの名は当時、1695年にステレンボッシュ市の税金徴収書類にドイツ人オーナーの名前とワイン700本分の税額という記録が残っており、その長い歴史を窺い知ることが出来ます。現当主、コバス&マリエット・バッソン夫妻は1996年にこのワイナリーを買い取りました。購入当時は大変小さなワイナリーでしたがコバス氏は地質調査の後、この土地がブドウ栽培に可能性を秘めた地域であるということを再確認し、所有する畑を増やして事業拡大へ舵を取りました。今では同敷地内に宿泊施設やレストランを備え、また、産するワインは数々のコンクールで賞を獲得しています。

 
Wine Shop WINEHOLIC

Wine Sop WINEHOLIC