UA-9383280-1
ジャン・ルイ・トラペ Jean & Jean Loice Trapet ジャン・ルイ・トラペはブルゴーニュの大地主でもあり地下に広大なセラーを所有しそこには歴史的なワインも眠る。
現当主であるジャン・ルイ氏はマルキ・ダンジェルヴィーユ、ジョルジュ・ルーミエ、メオ・カミュゼなどの友人に恵まれたこともありトラペに歴史的な大改革をもたらしている。
ビオ・ディナミに転換し2011年にはドメーヌに大きな変化をもたらし、歴史的なトラペのスタイルが大きく昇華した記念すべき年。
今目の離せない作り手に変化しつつある。
ジャン・ルイ・トラペ1 Jean & Jean Loice Trapet ジャン・ルイ・トラペはブルゴーニュの大地主でもあり地下に広大なセラーを所有しそこには歴史的なワインも眠る。
現当主であるジャン・ルイ氏はマルキ・ダンジェルヴィーユ、ジョルジュ・ルーミエ、メオ・カミュゼなどの友人に恵まれたこともありトラペに歴史的な大改革をもたらしている。
ビオ・ディナミに転換し2011年にはドメーヌに大きな変化をもたらし、歴史的なトラペのスタイルが大きく昇華した記念すべき年。
今目の離せない作り手に変化しつつある。
ジャン・ルイ・トラペ2 Jean & Jean Loice Trapet ジャン・ルイ・トラペはブルゴーニュの大地主でもあり地下に広大なセラーを所有しそこには歴史的なワインも眠る。
現当主であるジャン・ルイ氏はマルキ・ダンジェルヴィーユ、ジョルジュ・ルーミエ、メオ・カミュゼなどの友人に恵まれたこともありトラペに歴史的な大改革をもたらしている。
ビオ・ディナミに転換し2011年にはドメーヌに大きな変化をもたらし、歴史的なトラペのスタイルが大きく昇華した記念すべき年。
今目の離せない作り手に変化しつつある。
ジャン・ルイ・トラペ3 Jean & Jean Loice Trapet ジャン・ルイ・トラペはブルゴーニュの大地主でもあり地下に広大なセラーを所有しそこには歴史的なワインも眠る。
現当主であるジャン・ルイ氏はマルキ・ダンジェルヴィーユ、ジョルジュ・ルーミエ、メオ・カミュゼなどの友人に恵まれたこともありトラペに歴史的な大改革をもたらしている。
ビオ・ディナミに転換し2011年にはドメーヌに大きな変化をもたらし、歴史的なトラペのスタイルが大きく昇華した記念すべき年。
今目の離せない作り手に変化しつつある。
ジャン・ルイ・トラペ4 Jean & Jean Loice Trapet ジャン・ルイ・トラペはブルゴーニュの大地主でもあり地下に広大なセラーを所有しそこには歴史的なワインも眠る。
現当主であるジャン・ルイ氏はマルキ・ダンジェルヴィーユ、ジョルジュ・ルーミエ、メオ・カミュゼなどの友人に恵まれたこともありトラペに歴史的な大改革をもたらしている。
ビオ・ディナミに転換し2011年にはドメーヌに大きな変化をもたらし、歴史的なトラペのスタイルが大きく昇華した記念すべき年。
今目の離せない作り手に変化しつつある。
ジャン・ルイ・トラペ5 Jean & Jean Loice Trapet ジャン・ルイ・トラペはブルゴーニュの大地主でもあり地下に広大なセラーを所有しそこには歴史的なワインも眠る。
現当主であるジャン・ルイ氏はマルキ・ダンジェルヴィーユ、ジョルジュ・ルーミエ、メオ・カミュゼなどの友人に恵まれたこともありトラペに歴史的な大改革をもたらしている。
ビオ・ディナミに転換し2011年にはドメーヌに大きな変化をもたらし、歴史的なトラペのスタイルが大きく昇華した記念すべき年。
今目の離せない作り手に変化しつつある。
ジャン・ルイ・トラペはブルゴーニュの大地主でもあり地下に広大なセラーを所有しそこには歴史的なワインも眠る。
現当主であるジャン・ルイ氏はマルキ・ダンジェルヴィーユ、ジョルジュ・ルーミエ、メオ・カミュゼなどの友人に恵まれたこともありトラペに歴史的な大改革をもたらしている。
ビオ・ディナミに転換し2011年にはドメーヌに大きな変化をもたらし、歴史的なトラペのスタイルが大きく昇華した記念すべき年。
今目の離せない作り手に変化しつつある。 
2017年は天候に恵まれ良好な葡萄ができ収穫量も多かった。収穫量を調整しなかった作り手は問題があるが、秀逸な生産者にとっては早熟で享楽的なワインができた年である。
Marsannay Blanc 2017
マルサネ・ブラン 2017
シャルドネ種約90%、残りはアリゴテ種、ピノ グリ種、ピノ ブラン種です。畑は「Grasses Têtes(グラス テット)」という赤と同じ区画にあり、広さは約0.25ha、1970年と1997年に植えられた葡萄から造られます。アルコール醗酵序盤はステンレスタンクで、その後は228ℓの樫樽(新樽20~30%)で醸造されています。あんずのようなアロマ、ハツラツとした酸味と豊かな果実味、余韻も長くしっかりした味わいです。
Chambertin Grand Cru 2018
シャンベルタン・グラン・クリュ [2018]
ピノ ノワール種100%。所有面積は約2haでそのうち約1haを馬で耕作しています。1957~64年に植えた区画と1912年に植えられた1番古い木のある区画、その他に1945年、1985年、1992年に植えられた区画が3つに分かれており、土壌は泥灰土や粘土石灰質です。太陽のようなシャペル シャンベルタンと大地のようなラトリシエール シャンベルタンの両方の要素を持っており、骨格がしっかりしていて様々な要素が凝縮していますが、10年以上経たないとその真価を見ることは出来ません。
Gevrey Chambertin Premier  Cru Clos Prieur 2018
ジェヴレ・シャンベルタン・プルミエ・クリュ・クロ・プリュール [2018]
ピノ ノワール種100%。面積は約0.4haで2区画に分かれており、石の多い粘土石灰質土壌で樹齢は45年ほどになります。区画名の「Clos Prieur(クロ プリュール)」は昔の修道院の司祭から名付けられていますが、現在は「Clos=囲い」は存在しません。ミネラル豊富で酸味が素晴らしく、オイリー&筋肉質でタンニンが凝縮した余韻の長いワインです。

Sold Out

Cote de Nuits Village Meix Fringuet 2018
コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ・ル・メイフランゲ 2018
ドメーヌの当主ジャン ルイ氏の従兄弟が所有する区画「Le Meix Fringuet(ル メイ フランゲ)」を10年前からビオディナミで耕作、2013年が初リリース。手摘み収穫後、房と粒の2段階で厳しく選別し、コンクリートタンクで低温浸漬、3~4週間かけてゆっくりアルコール醗酵を行う。必要に応じて櫂入れを行い、新樽15%以下で15ヵ月熟成。
Gevrey-Chambertin Ostrea  2018
ジェヴレ・シャンベルタン ・オストレア 2018
ピノ ノワール種100%。畑の広さは約2.5haで最も古い木は1913年に植樹されたものになります。骨格と力強さを与える「En Dérée(アン デレ)」、凝縮感を与える「Champerrier(シャンペリエ)」などの区画の葡萄をアサンブラージュして造られます。タンニンと果実味が豊かでストラクチャーがしっかりしており、肉厚なイメージのワインです。「OSTREA」は化石の名前から取っています。
Gevrey-Chambertin Ostrea  2018  1500ml
ジェヴレ・シャンベルタン ・オストレア 2018   1500ml
ピノ ノワール種100%。畑の広さは約2.5haで最も古い木は1913年に植樹されたものになります。骨格と力強さを与える「En Dérée(アン デレ)」、凝縮感を与える「Champerrier(シャンペリエ)」などの区画の葡萄をアサンブラージュして造られます。タンニンと果実味が豊かでストラクチャーがしっかりしており、肉厚なイメージのワインです。「OSTREA」は化石の名前から取っています。

Gevrey-Chambertin Ostrea  2017  1500ml
ジェヴレ・シャンベルタン ・オストレア 2017   1500ml
ピノ ノワール種100%。畑の広さは約2.5haで最も古い木は1913年に植樹されたものになります。骨格と力強さを与える「En Dérée(アン デレ)」、凝縮感を与える「Champerrier(シャンペリエ)」などの区画の葡萄をアサンブラージュして造られます。タンニンと果実味が豊かでストラクチャーがしっかりしており、肉厚なイメージのワインです。「OSTREA」は化石の名前から取っています。
Chambertin Grand Cru 2017
シャンベルタン・グラン・クリュ [2017]
ピノ ノワール種100%。所有面積は約2haでそのうち約1haを馬で耕作しています。1957~64年に植えた区画と1912年に植えられた1番古い木のある区画、その他に1945年、1985年、1992年に植えられた区画が3つに分かれており、土壌は泥灰土や粘土石灰質です。太陽のようなシャペル シャンベルタンと大地のようなラトリシエール シャンベルタンの両方の要素を持っており、骨格がしっかりしていて様々な要素が凝縮していますが、10年以上経たないとその真価を見ることは出来ません。
Chapelle Chambertin Grand Cru 2017
シャペル・シャンベルタン・グラン・クリュ [2017]
ピノ ノワール種100%。「ラトリシエール」とは「かわいい不思議な女の子」と「痩せた土地」という2つの意味を持つ言葉。最も古い木は1938年に植えられたもので広さは0.75ha、基本は粘土石灰質土壌ですが石灰岩の割合が多く、珪素土も含まれる畑で上質で緻密な果肉の葡萄が収穫できます。風の通りが良く涼しい畑なので白土の要素が出やすく長熟タイプになりやすい特徴があります。野性的なスパイシーさ、しっかりとしたストラクチャーと直線的で奥に伸びるような余韻がある大地を象徴するかのようなワインです。

Bourgogne Rouge2018
ブルゴーニュ・ルージュ 2018
シャルドネ種100%。フィクサン村とマルサネ村に挟まれたクーシェイ村にある「En Varangée(アン ヴァランジェ)」「En Auvonne(アン オヴォンヌ)」と言う区画の葡萄が使われていますが、買い葡萄も足しているのでネゴシアン物になります。アルコール醗酵序盤はステンレスタンクで、その後は228ℓの樫樽(新樽20~30%)と卵型のコンクリートタンクに半分ずつに分けて醸造していきます。酸味が柔らかくフルーティでとても飲みやすく分かりやすい味わいです。
Gevrey Chambertin Premier  Cru Clos Prieur 2017
ジェヴレ・シャンベルタン・プルミエ・クリュ・クロ・プリュール [2017]
ピノ ノワール種100%。面積は約0.4haで2区画に分かれており、石の多い粘土石灰質土壌で樹齢は45年ほどになります。区画名の「Clos Prieur(クロ プリュール)」は昔の修道院の司祭から名付けられていますが、現在は「Clos=囲い」は存在しません。ミネラル豊富で酸味が素晴らしく、オイリー&筋肉質でタンニンが凝縮した余韻の長いワインです。

Sold Out

Bourgogne Passetougrain a Minima 2018
ブルゴーニュ・パステゥグラン・ア・ミニマ [2018]
ピノ ノワール種50%、ガメ種50%。1965年に植樹されたジュヴレ シャンベルタン村の「Grands Champs(グラン シャン)」の区画が中心ですがマルサネの「Grand Poirier(グラン ポワリエ)」という区画に植えられているガメも使われています。ガメという品種はとても力強いので醸造の段階では亜硫酸は添加していません。2つの品種の相性は抜群で、ピノ ノワール種の酸と繊細さ、ガメ種の果実味とパワーのバランスがうまく取れているワインです。

Bourgogne Blanc 2018
ブルゴーニュ・ブラン 2018
シャルドネ種100%。フィクサン村とマルサネ村に挟まれたクーシェイ村にある「En Varangée(アン ヴァランジェ)」「En Auvonne(アン オヴォンヌ)」と言う区画の葡萄が使われていますが、買い葡萄も足しているのでネゴシアン物になります。アルコール醗酵序盤はステンレスタンクで、その後は228ℓの樫樽(新樽20~30%)と卵型のコンクリートタンクに半分ずつに分けて醸造していきます。酸味が柔らかくフルーティでとても飲みやすく分かりやすい味わいです。
Gevrey-Chambertin  2017
ジェヴレ・シャンベルタン 2017
ピノ ノワール種100%。色調と余韻を与える「La Petite Jouise(ラ プティット ジュイス)」、繊細さを与える「Vigne Belle(ヴィーニュ ベル)」などの区画の葡萄をアサンブラージュして造られます。上記のオストレアよりも若木の葡萄が使われており、ミントや赤い果実の香り、渋味は柔らかでしなやか。タニックで肉厚な上記「オストレア」よりも繊細でスパイシーな味わいなのが特徴です。
Cote de Nuits Village Meix Fringuet 2017
コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ・ル・メイフランゲ 2017
ドメーヌの当主ジャン ルイ氏の従兄弟が所有する区画「Le Meix Fringuet(ル メイ フランゲ)」を10年前からビオディナミで耕作、2013年が初リリース。手摘み収穫後、房と粒の2段階で厳しく選別し、コンクリートタンクで低温浸漬、3~4週間かけてゆっくりアルコール醗酵を行う。必要に応じて櫂入れを行い、新樽15%以下で15ヵ月熟成。

Marsannay Rouge 2018
マルサネ・ルージュ2018
ピノ ノワール種100%。葡萄の木の平均樹齢は50年で畑は約1.4ha、マルサネ村に位置する「Grasses Têtes(グラス テット)」という区画とクーシェイ村に位置する「Grand Poirier(グラン ポワリエ)」などの区画の葡萄が使われています。チャーミングな果実味とみずみずしい酸味、余韻に軽やかなタンニンを感じられ、飲みやすくもしっかりとした味わいです。
Marsannay Blanc 2017
マルサネ・ブラン 2017
シャルドネ種約90%、残りはアリゴテ種、ピノ グリ種、ピノ ブラン種です。畑は「Grasses Têtes(グラス テット)」という赤と同じ区画にあり、広さは約0.25ha、1970年と1997年に植えられた葡萄から造られます。アルコール醗酵序盤はステンレスタンクで、その後は228ℓの樫樽(新樽20~30%)で醸造されています。あんずのようなアロマ、ハツラツとした酸味と豊かな果実味、余韻も長くしっかりした味わいです。
Gevrey-Chambertin Ostrea  2017
ジェヴレ・シャンベルタン ・オストレア 2017
ピノ ノワール種100%。畑の広さは約2.5haで最も古い木は1913年に植樹されたものになります。骨格と力強さを与える「En Dérée(アン デレ)」、凝縮感を与える「Champerrier(シャンペリエ)」などの区画の葡萄をアサンブラージュして造られます。タンニンと果実味が豊かでストラクチャーがしっかりしており、肉厚なイメージのワインです。「OSTREA」は化石の名前から取っています。
2016年は花震いなど天候にもあまり恵まれず生産量が激減。
ただ結果出来上がったワインは柔らかい酒質で早熟。熟成も早く複雑さが早い時期に出てくるワインに仕上がっている。
最近はオフ・ヴィンテージでさえもこれだけのワインができるのはさすがだ。
早い時期から享楽的な美味しさを味あわせてくれる。

Cote de Nuits Village 2016

Cote de Nuits Village 2016

Gevrey-Chambertin Ostrea  2016

Gevrey-Chambertin Ostrea 2016

Gevrey Chambertin Premier Cru Alea 2016

Gevrey Chambertin Premier Cru Alea 2016

Gevrey-Chambertin Ostrea  2016  1500ml

Gevrey-Chambertin Ostrea 2016 1500ml

2015年は果実の魅力が突出しています。暑い年だったので酸は果実の影に隠れていますが、状態さえ良ければ素晴らしいバランス感を保つことが出来ます。
早熟な傾向がありますが、熟成することで更なる深みを期待出来ます。

Gevrey-Chambertin Ostrea 2015 1500ml

Gevrey-Chambertin Ostrea 2015 1500ml

2014年はいかにもブルゴーニュらしいワインが出来た年です。酸も見事で若干軽やかな雰囲気のボディーと見事にマッチし、ブルゴーニュ好きにはたまらない年です。これほど理想的なブルゴーニュが出来た年は近年では珍しいと言えます。

Gevrey Chambertin Premier  Cru Clos Prieur 2014

Gevrey Chambertin Premier Cru Clos Prieur 2014

2013年は早熟な年ですが熟成することで深みが出てくる年です。強烈なインパクトや明確な主張はそれほど感じられませんが、今飲める状態であることは非常に貴重な存在です。寝かせるほどに深みが期待出来る年です。

Gevrey Chambertin Premier Cru 2013

Gevrey Chambertin Premier Cru 2013

Gevrey-Chambertin Ostrea 2013 1500ml

Gevrey-Chambertin Ostrea 2013 1500ml

 
  

ジャン・ルイ・トラペとは

 
 

1868年から6世代にわたってジュヴレ シャンベルタンでワイン造りを続けているこのドメーヌは、代々少しずつ畑を増やしていき、現在では13haの畑を所有しています。現当主のジャン ルイ氏は物腰柔らかく穏やかな人物ですが、畑の事を語る時は非常に情熱的な一面も見せてくれます。1996年からビオディナミを導入して自然を最大限に尊重したワイン造りを行っています。
畑の手入れはビオディナミで化学肥料や除草剤は一切使用していません。ジャン ルイ氏の「ビオディナミにおいて、人間の役割は葡萄が安定して育つように支えてあげることが大事で、畑仕事と選別をしっかりやれば、あとは葡萄が勝手に良いワインになるように働いてくれる。

」という言葉の通り、クォーツ(水晶)の粉末を定期的に畑に撒くことで土壌の活性化を促し、植物のエネルギーを引き出して病気に負けない木を育てることを目指しています。葡萄の木の仕立ては片翼式ギュイヨ、コルドン ロワイヤルで春に厳しい摘芽を行い、凝縮した葡萄のみ収穫しています。樹齢も高いものが多く、植え付けも1ha当たり約12000株以下にし、収量を抑えることによって品質のレベルを高める努力をしています。
収穫は全て手摘みで行い、畑と醸造所でそれぞれ選別し、醸造所では除梗前の房の状態と除梗後の粒の状態での2度に渡る選別が15人で行われます。除梗率はヴィンテージやアペラシオンによって変わりますが約50%、ステンレスタンクで2~3日間低温浸漬を行い、3~4週間かけてゆっくりアルコール醗酵をさせ、序盤は櫂入れを行って後半は液循環のみに切り替えていきます。空圧式圧搾機でプレスした後にワインは樽へ移され、樫樽で15~18ヵ月熟成されます。新樽率はヴィンテージにもよりますがヴィラージュ物以下は20~30%、1級クラスは40%、特級クラスは50%となっています。

 
Wine Shop WINEHOLIC

Wine Sop WINEHOLIC

UA-9383280-1