ベルトラン・ダルヴィオ Bertrand Darvioドメーヌを復活させワインの樽売りをやめて以来、エリゼ宮御用達になるなど数多くの賞賛を浴びている、歴史あるムルソーの生産者。
熟成すると驚くほどの魅力を発するような中長熟系のワインを作っていたがここ数年めざましい変化を見せている。
通常新しい世代は完熟系の葡萄でジューシーなワインを作る傾向にあるが、ダルヴィオの息子の参入はより透明感があり酸がクリアーでかつてのワインの焦点を見事にあわすような方向性に向かっている。
ある意味これも一つの方向性でありブルゴーニュにとって理想的な方向性に思われる
新世代の参入でダルヴィオは更に魅力的になり目が離せない存在になりそうである。
残念ながら最近の情報によると跡継ぎがいなくなり2015年を最後にドメーヌをクローズしたためもう二度と手に入らない。クレマンだけは当分生産を続けるということ。
ベルトラン・ダルヴィオ2 Bertrand Darvioドメーヌを復活させワインの樽売りをやめて以来、エリゼ宮御用達になるなど数多くの賞賛を浴びている、歴史あるムルソーの生産者。
熟成すると驚くほどの魅力を発するような中長熟系のワインを作っていたがここ数年めざましい変化を見せている。
通常新しい世代は完熟系の葡萄でジューシーなワインを作る傾向にあるが、ダルヴィオの息子の参入はより透明感があり酸がクリアーでかつてのワインの焦点を見事にあわすような方向性に向かっている。
ある意味これも一つの方向性でありブルゴーニュにとって理想的な方向性に思われる
新世代の参入でダルヴィオは更に魅力的になり目が離せない存在になりそうである。
残念ながら最近の情報によると跡継ぎがいなくなり2015年を最後にドメーヌをクローズしたためもう二度と手に入らない。クレマンだけは当分生産を続けるということ。
ベルトラン・ダルヴィオ3 Bertrand Darvioドメーヌを復活させワインの樽売りをやめて以来、エリゼ宮御用達になるなど数多くの賞賛を浴びている、歴史あるムルソーの生産者。
熟成すると驚くほどの魅力を発するような中長熟系のワインを作っていたがここ数年めざましい変化を見せている。
通常新しい世代は完熟系の葡萄でジューシーなワインを作る傾向にあるが、ダルヴィオの息子の参入はより透明感があり酸がクリアーでかつてのワインの焦点を見事にあわすような方向性に向かっている。
ある意味これも一つの方向性でありブルゴーニュにとって理想的な方向性に思われる
新世代の参入でダルヴィオは更に魅力的になり目が離せない存在になりそうである。
残念ながら最近の情報によると跡継ぎがいなくなり2015年を最後にドメーヌをクローズしたためもう二度と手に入らない。クレマンだけは当分生産を続けるということ。
ベルトラン・ダルヴィオ4 Bertrand Darvioドメーヌを復活させワインの樽売りをやめて以来、エリゼ宮御用達になるなど数多くの賞賛を浴びている、歴史あるムルソーの生産者。
熟成すると驚くほどの魅力を発するような中長熟系のワインを作っていたがここ数年めざましい変化を見せている。
通常新しい世代は完熟系の葡萄でジューシーなワインを作る傾向にあるが、ダルヴィオの息子の参入はより透明感があり酸がクリアーでかつてのワインの焦点を見事にあわすような方向性に向かっている。
ある意味これも一つの方向性でありブルゴーニュにとって理想的な方向性に思われる
新世代の参入でダルヴィオは更に魅力的になり目が離せない存在になりそうである。
残念ながら最近の情報によると跡継ぎがいなくなり2015年を最後にドメーヌをクローズしたためもう二度と手に入らない。クレマンだけは当分生産を続けるということ。
ドメーヌを復活させワインの樽売りをやめて以来、エリゼ宮御用達になるなど数多くの賞賛を浴びている、歴史あるムルソーの生産者。
熟成すると驚くほどの魅力を発するような中長熟系のワインを作っていたがここ数年めざましい変化を見せている。
通常新しい世代は完熟系の葡萄でジューシーなワインを作る傾向にあるが、ダルヴィオの息子の参入はより透明感があり酸がクリアーでかつてのワインの焦点を見事にあわすような方向性に向かっている。
ある意味これも一つの方向性でありブルゴーニュにとって理想的な方向性に思われる
新世代の参入でダルヴィオは更に魅力的になり目が離せない存在になりそうである。
残念ながら最近の情報によると跡継ぎがいなくなり2015年を最後にドメーヌをクローズしたためもう二度と手に入らない。クレマンだけは当分生産を続けるということ。
Pommard Les Chanlins 2013

Sold Out

Pommard Les Chanlins 2013
ポマール・レ・シャンラン [2013]
Beaune Primier Cru Mareconnets 2015
ボーヌ・プルミエ・クリュ・マルコネ [2015]
Beaune Primier Cru Mareconnets 2011

Sold Out

Beaune Primier Cru Mareconnets 2004   1500ml
ボーヌ・プルミエ・クリュ・マルコネ 2004   1500ml

Fine de Bourgogne 1995  500ml
フィーヌ・ド・ブルゴーニュ  1995  500ml
良い年しか造らず、さらに澱は少量しか発生しないので貴重です。
Beaune Primier Cru Mareconnets 1997
ボーヌ・プルミエ・クリュ・マルコネ 1997
Beaune Primier Cru Mareconnets 2011

Sold Out

Beaune V.V Saint Desire 2000   1500ml
ボーヌ・ヴィエイユ・ヴィーニュ [2000]  1500ml
 

Cremant de Bourgogne Brut Rose
クレマン・ド・ブルゴーニュ・ブリュット・ロゼ
ピノ ノワール種100%で造られます。プレス機に葡萄を一晩入れておいて軽く色だしをし、ステンレスタンクでで醗酵させ、「méthode traditionelle方式」で仕上げられます。最低でも9ヵ月間寝かせられます。また、マセラシオン カルボニックで品種のアロマをしっかり引き出します。軽やかな泡と赤い果実の甘味と酸味が口の中に広がり食欲を増進させてくれるので、アペリティフとして最適です。ブルゴーニュ ルージュの畑の一部の葡萄がクレマン用として使われます。
Beaune Clos des Mansnieres 1999  1500ml
ボーヌ・プルミエ・クリュ・クロ・デ・モンスニエール [1999] 1500ml
シャルドネ種100%。畑は真南向きの丘の上にあり、広さは約1.3haで平均樹齢は30年、古木は60年にもなります。雨による土砂滑り対策と地中生物による土の活性化を促す為に雑草が植えられていて、その昔フィロキセラの被害に遭った畑でもあります。生のアーモンドやアカシアの花を連想させるような繊細なアロマが香り、ミネラルの爽やかさとグリセリンのオイリーさがバランス良く口の中に広がります。
Marc de Bourgogne 1999  500ml
マール・ド・ブルゴーニュ 1999  500ml
赤ワインを造る段階で出る、ピノ ノワール種の圧搾滓から造られています。マールを造る年はマールの質を高める為に圧搾を非常に軽めにするので、圧搾滓にもかなりのアロマとワインが残っています。

Marc de Bourgogne 1979  500ml
マール・ド・ブルゴーニュ 1979  500ml
赤ワインを造る段階で出る、ピノ ノワール種の圧搾滓から造られています。マールを造る年はマールの質を高める為に圧搾を非常に軽めにするので、圧搾滓にもかなりのアロマとワインが残っています。
Cremant de Bourgogne Brut
クレマン・ド・ブルゴーニュ・ブリュット
ピノノワール種、シャルドネ種、アリゴテ種のアサンブラージュで造られます。圧搾機でプレスし澱引きした後、すべてステンレスタンクで醗酵させ、同じように「méthode traditionelle方式」で仕上げられます。最低でも9ヵ月間寝かせられます。アペリティフとして飲むとフレッシュで繊細な泡と酸味が食欲をそそり、食前の会話を弾ませてくれます。
Bourgogne Blanc la Chatelaine 2014
ブルゴーニュ・ブラン・ラ・シャトレーヌ 2014
【シャルドネ100%】
 
  

ベルトラン・ダルヴィオとは

 
 

地所:ブルゴーニュ地方 コート ド ボーヌ地区 ムルソー村

県の重要文化財に指定されているシャトー ド ラ ヴェルを所有するダルヴィオ家は1789年に起こったフランス革命以前から葡萄栽培を行っており、現在で9世代目になる生産者です。現当主のベルトラン ダルヴィオ氏の温厚な性格と畑への情熱がワインにも表現されていて、1997年にはフランス大統領晩餐会公式ワインに選ばれました。また、「Vigneron Independent(ヴィニュロン アンデパンダント)」という葡萄栽培農家組合のコート ドール県の会長も務めています。
畑はほとんどが粘土石灰質土壌で環境保護を考えて15年以上も前からリュット レゾネ(減農薬農法)を採用していて、1株の房数も白は6房、赤は5房に制限し、収穫も全て手摘みで行なわれます。畑に雑草を生やし、地中の生物の活動を促進して畑を活性化させること(畑に雑草がある状態で畑を耕すと根に酸素がしっかり行きわたり、葡萄の木に散布した農薬も地中に染み込まずに雑草がクッションになる)も今でこそよく見かける光景ですが、このドメーヌでは10年以上前の当時は馬鹿げた行為と言われていた頃から行なっています。
除梗100%で醗酵は赤はコンクリートタンク、白はステンレスタンク及び樫樽を使い、熟成は赤白ともに樫樽を使用します(アリゴテを除く)。赤はアルコール醗酵を最高温度32℃で10~14日間行い、1日1~2回櫂入れと液循環をしてピノ ノワールの色調とアロマを引き出します。その後、プレスして澱引きをしてから樽に移されます。白はプレスした後、醗酵前澱引きをしてから樽に入れて20℃を超えない温度でステンレスタンク及び樫樽でアルコール醗酵を行います。定期的にバトナージュ(攪拌)を行って澱や酵母の旨味を引き出し、ワインに厚みを与えます。また、葡萄の風味を損なわないように新樽率は常時20%以下に抑えています。樽から樽へワインを移すときもポンプは使わず、重力を利用してワインに負担を掛けないようにしています。樽熟成は白は10ヵ月間、赤は12~14ヵ月間行っています。

 
Wine Shop WINEHOLIC

Wine Sop WINEHOLIC

UA-9383280-1