UA-9383280-1
ドメーヌ・ジャン・ミシェル・ゴヌーの写真
  派手な主張がなく標準的な旨みを感じる様な味わいが特徴です。こういった作り手は今少なくなりつつあり古典的なブルゴーニュの魅力をわかりやすく主張してくれる部分が非常に貴重な作り手といえます。若飲みもでき熟成させることでかなりも魅力を発揮するところがうれしい生産者なのです。
 
  

ジャン・ミッシェル・ゴヌーとは

 
 

詳細・歴史

ピュリニー、ムルソ、ヴォルネイ、ポマールに合わせて約6haを所有する、家族経営の歴史ある造り手。1978年よりドメーヌ・フランソワ・ゴヌーにて父フランソワと働いていましたが、1990年に母方の祖父よりドメーヌを相続し、独立。流行に左右されず、ブルゴーニュの伝統的製法で長期の熟成に耐え得る昔ながらの造りに定評がありますが、その果実味の美しさと滑らかなタンニンをもつワインは、若いうちからも楽しむことが出来ます。
 

畑は、環境を守る観点からリュット・レゾネを採用しています。4世代を経て引き継がれており、その間除草剤の使用はなく漉き入れで耕されています。
 

醸造

白ワインはステンレス・タンクでアルコール発酵した後、木樽(うち新樽率15~20%)に移し、澱の上で12~14か月熟成されます。その後澱引き、清澄して1か月休ませた後に瓶詰めします。赤ワインは、畑と醸造所で選果をした後に100%除梗して、低温浸漬を3~4日間行います。醸しはその状態によって15~18日間、ピジュアージュは1日に2回行います。熟成は木樽で、うち25~40%が新樽です。
 

 
Wine Shop WINEHOLIC

Wine Sop WINEHOLIC

UA-9383280-1