Complemen'Terre Complemen'Terre ランドロンの息子夫婦が2013年に立ち上げたワイナリー。
ランドロンは非常に爽やかな中に旨みがほのかに乗っているような実に繊細で他に例のないワインであるが、彼らのワインはそれにほんのわずか旨みを増したような感じだ。
ランドロンの領域には達していないがイメージ的にはランドロンに劣っているわけではなくかといって若さ故の気合いが入りすぎた感じではない。
リリース直後より半年ほど落ち着かせてやると素晴らしい旨みが乗ってきて、ランドロンの将来は安泰だろうなと感心するほど旨い!
Complemen'Terre Complemen'Terre ランドロンの息子夫婦が2013年に立ち上げたワイナリー。
ランドロンは非常に爽やかな中に旨みがほのかに乗っているような実に繊細で他に例のないワインであるが、彼らのワインはそれにほんのわずか旨みを増したような感じだ。
ランドロンの領域には達していないがイメージ的にはランドロンに劣っているわけではなくかといって若さ故の気合いが入りすぎた感じではない。
リリース直後より半年ほど落ち着かせてやると素晴らしい旨みが乗ってきて、ランドロンの将来は安泰だろうなと感心するほど旨い!
Complemen'Terre Complemen'Terre ランドロンの息子夫婦が2013年に立ち上げたワイナリー。
ランドロンは非常に爽やかな中に旨みがほのかに乗っているような実に繊細で他に例のないワインであるが、彼らのワインはそれにほんのわずか旨みを増したような感じだ。
ランドロンの領域には達していないがイメージ的にはランドロンに劣っているわけではなくかといって若さ故の気合いが入りすぎた感じではない。
リリース直後より半年ほど落ち着かせてやると素晴らしい旨みが乗ってきて、ランドロンの将来は安泰だろうなと感心するほど旨い!
 ランドロンの息子夫婦が2013年に立ち上げたワイナリー。
ランドロンは非常に爽やかな中に旨みがほのかに乗っているような実に繊細で他に例のないワインであるが、彼らのワインはそれにほんのわずか旨みを増したような感じだ。
ランドロンの領域には達していないがイメージ的にはランドロンに劣っているわけではなくかといって若さ故の気合いが入りすぎた感じではない。
リリース直後より半年ほど落ち着かせてやると素晴らしい旨みが乗ってきて、ランドロンの将来は安泰だろうなと感心するほど旨い!
Muscadet sevre et maine - La Croix Moriceau 2019
ミュスカデ セーヴル・エ・メーヌ ラ・クロワ・モリソー 2019
哲学: 有機栽培。酸化防止剤非使用醸造
栽培方法:ビオロジック
その栽培方法の開始時期:2013年
その栽培方法を適用している畑名:全て
栽培方法の将来的な展望:ビオロジック
認証機関:なし
土壌:変成岩、水晶、粘土
微気候:
自社ブドウ畑面積(ha):7.68ha
契約ブドウ畑面積(ha):なし
自社ブドウ畑の数(ヶ所): 4つ
自社栽培ブドウ品種:シャルドネ、ミュスカデ、ガメイ、フォール・ブランシュ、
ブドウ以外の自社農作物:なし
ブドウ畑以外の自社畑総面積(ha): なし
主な仕立て方法:ギュイヨ式
仕立ての支柱の素材:木
 
 

コンプレモン・テールとは

 
 

オーナー: Marion Pescheux et Manuel Landron
          マリヨン・ペシュー、マニュエル・ランドロン
地域:ロワール
地区、村:Le Pallet ル・パレ
醸造責任者 : Marion Pescheux et Manuel Landron
          マリヨン・ペシュー、マニュエル・ランドロン
栽培責任者: Marion Pescheux et Manuel Landron
          マリヨン・ペシュー、マニュエル・ランドロン
コンサルタント:なし
ホームページ:なし
 

ドメーヌについて

ドメーヌ創業年:2013年
ドメーヌ解説
歴史: ロワール出身の若い夫婦が2013年創設したワイナリー。夫、マニュエル・ランドロンの実家はロワールのナントでミネラル豊かなミュスカデを栽培、醸造するドメーヌ・ランドロン。トゥーレーヌの複数のドメーヌ(2年)のほかニュージーランドのフェルトン・ロードやチリのルイ・アントワヌ=リュイットなどの南半球でのワイナリーでも経験を積む。妻のマリヨン・ペシューと共に、ドメーヌ・ランドロンから5kmほどの村、ル・パレにミュスカデ・少量のガメイ・土着品種のフォール・ブランシュの植わる畑を見出し、畑と地下室を有する醸造所を購入し醸造を始める。ドメーヌの開設にあたり、父ジョゼフは「実感しそして経験を積んでほしい」という想いもあり、異なる地質の複数の畑を息子マニュエルに与えた。醸造学校を卒業後、若いヴァン・ナチュレルの生産者の元でも経験を積んだマニュエルのワインは、父ジョゼフのスタイルとはまた違った、挑戦的な造りが面白いワインだ。今年で28歳を迎えるマニュエル地域の若手の生産者数人と組んで、ワインの分析を必要な時にすぐできる状態にある。テイスティングと分析から亜硫酸の添加、場合によってはフィルターをかけるかどうかを判断し、しっかりとワインを安定させることにも気を向けている。
哲学: 有機栽培。酸化防止剤非使用醸造
 

畑について

栽培方法:ビオロジック
その栽培方法の開始時期:2013年
その栽培方法を適用している畑名:全て
栽培方法の将来的な展望:ビオロジック
 
認証機関:なし
土壌:変成岩、水晶、粘土
微気候:
自社ブドウ畑面積(ha):7.68ha
契約ブドウ畑面積(ha):なし
自社ブドウ畑の数(ヶ所): 4つ
自社栽培ブドウ品種:シャルドネ、ミュスカデ、ガメイ、フォール・ブランシュ、
ブドウ以外の自社農作物:なし
ブドウ畑以外の自社畑総面積(ha): なし
主な仕立て方法:ギュイヨ式
仕立ての支柱の素材:木
仕立ての添え木の素材:木
堆肥:
◆ラ・クロワ・モリソーとル・ブレイユの違い◆
ラ・クロワ・モリソーの区画は2.5haでサンソニエール、ベルヴューの畑と同じように、変成岩も見受けられる。しかしより粘土が多く、深層には角閃岩の層がある。したがって粘土質由来の果実味がラ・クロワ・モリソーには有るが、ル・ブレイユには変成岩と水晶由来のミネラルに支えられている。ル・ブレイユはより密で集中力があるため、味わいを表現し始めるまでに寄り時間がかかる。熟成の若い間は厳しく簡素な印象を与えるかもしれないが、ポテンシャルは高い。
 

醸造について

酵母のタイプ:野生酵母
圧搾方式:垂直式
醗酵容器の素材と容量:グラスファイバータンク、イノックス、セメント
熟成容器の素材:グラスファイバータンク、イノックス、バリック(225l)
セラー環境:
年間生産ボトル本数: 26,000本/年

 
Wine Shop WINEHOLIC

Wine Sop WINEHOLIC