Bernabeleva Bernabeleva『ベルナベレヴァ』 では自然とのバランスを尊重した畑仕事が行われています。有機栽培の認証を受けることは彼らの目標ではないため、敢えて取得してはいませんが、それに相応しい栽培方法を厳密に取り入れ、100年に渡り、365日休むことなく努力を続けています。ボデガでは、この先の未来においても高品質なブドウを育て続けていくためには、「環境と調和し、自然のサイクルを重視し、丹念に自社畑の手入れをすることが唯一の方法である」と捉えています。その哲学に基づいて育まれたブドウを用いて造られたワインは、それぞれの標高、方角、土壌、樹齢などの特徴をしっかりと表現しています。 Bernabeleva Bernabeleva『ベルナベレヴァ』 では自然とのバランスを尊重した畑仕事が行われています。有機栽培の認証を受けることは彼らの目標ではないため、敢えて取得してはいませんが、それに相応しい栽培方法を厳密に取り入れ、100年に渡り、365日休むことなく努力を続けています。ボデガでは、この先の未来においても高品質なブドウを育て続けていくためには、「環境と調和し、自然のサイクルを重視し、丹念に自社畑の手入れをすることが唯一の方法である」と捉えています。その哲学に基づいて育まれたブドウを用いて造られたワインは、それぞれの標高、方角、土壌、樹齢などの特徴をしっかりと表現しています。 Bernabeleva Bernabeleva『ベルナベレヴァ』 では自然とのバランスを尊重した畑仕事が行われています。有機栽培の認証を受けることは彼らの目標ではないため、敢えて取得してはいませんが、それに相応しい栽培方法を厳密に取り入れ、100年に渡り、365日休むことなく努力を続けています。ボデガでは、この先の未来においても高品質なブドウを育て続けていくためには、「環境と調和し、自然のサイクルを重視し、丹念に自社畑の手入れをすることが唯一の方法である」と捉えています。その哲学に基づいて育まれたブドウを用いて造られたワインは、それぞれの標高、方角、土壌、樹齢などの特徴をしっかりと表現しています。 Bernabeleva Bernabeleva『ベルナベレヴァ』 では自然とのバランスを尊重した畑仕事が行われています。有機栽培の認証を受けることは彼らの目標ではないため、敢えて取得してはいませんが、それに相応しい栽培方法を厳密に取り入れ、100年に渡り、365日休むことなく努力を続けています。ボデガでは、この先の未来においても高品質なブドウを育て続けていくためには、「環境と調和し、自然のサイクルを重視し、丹念に自社畑の手入れをすることが唯一の方法である」と捉えています。その哲学に基づいて育まれたブドウを用いて造られたワインは、それぞれの標高、方角、土壌、樹齢などの特徴をしっかりと表現しています。 Bernabeleva Bernabeleva『ベルナベレヴァ』 では自然とのバランスを尊重した畑仕事が行われています。有機栽培の認証を受けることは彼らの目標ではないため、敢えて取得してはいませんが、それに相応しい栽培方法を厳密に取り入れ、100年に渡り、365日休むことなく努力を続けています。ボデガでは、この先の未来においても高品質なブドウを育て続けていくためには、「環境と調和し、自然のサイクルを重視し、丹念に自社畑の手入れをすることが唯一の方法である」と捉えています。その哲学に基づいて育まれたブドウを用いて造られたワインは、それぞれの標高、方角、土壌、樹齢などの特徴をしっかりと表現しています。
『ベルナベレヴァ』 では自然とのバランスを尊重した畑仕事が行われています。有機栽培の認証を受けることは彼らの目標ではないため、敢えて取得してはいませんが、それに相応しい栽培方法を厳密に取り入れ、 100年に渡り、 365日休むことなく努力を続けています。ボデガでは、この先の未来においても高品質なブドウを育て続けていくためには、「環境と調和し、自然のサイクルを重視し、丹念に自社畑の手入れをすることが唯一の方法である」と捉えています。その哲学に基づいて育まれたブドウを用いて造られたワインは、それぞれの標高、方角、土壌、樹齢などの特徴をしっかりと表現しています。
Manchomuelas 2018
マンチョムエラス 2018
【キュヴェ】ボデガの中心部にある急斜面に位置する区画に植えられた、比較的若い土着品種ガルナッチャ・ブランカの白ワイン
【品種】ガルナッチャ・ブランカ 100% (土着品種)    【タイプ】辛口白ワイン
【土壌】ゴロゴロとした花崗岩と小石の混ざった土壌    【樹齢】20年前後
【マセラシオン】ゆっくりと抽出するため、低温にて24時間
【発酵】長い時間をかけてゆっくりとプレスし、フレンチオーク古樽(500L)を用いて、低温にて、人的介入は最小限に抑え、野生酵母による
 自然発酵
【熟成】フレンチオーク古樽(500L)を用い、シュールリーにて、バトナージュ無しで9ヶ月間
【生産本数】650本
【アルコール度数】11.5%
リースリング的なペトロール香と、ふんわりとした果実。だれることがなく、引き締まっています。柔らかな酸ながらも伸びやか。アルコール11.5%を感じさせない詰まった仕上がり。
Cantocuerdas Mostatel Dulce 2017  500ml
カントクエルダス・モスカテル・ドゥルセ 2017  500ml
【キュヴェ】土着品種 モスカテル・デ・グラノ・メヌドを用いて造られた、自然な甘さが魅力のシングル・ヴィンヤードの甘口白ワイン
【品種】モスカテル・デ・グラノ・メヌド 100% (非常に小粒)    【タイプ】甘口白ワイン
【区画立地】標高770mの高さで小川に囲まれており、爽やかな風の吹き抜ける区画
【土壌】花崗岩主体で、深く豊かな土壌   【樹齢】55年以上
【マセラシオン】ゆっくりと抽出するため、低温にて48時間   【スキンコンタクト】24時間
【発酵】やや低めの温度にて、フレンチオーク樽(500L)を用い、野生酵母による自然発酵
【熟成】フレンチオーク樽(500L)を用い、シュールリーにて、バトナージュ無しで24ヶ月間
【生産本数】1,000本
【容量】500ml
【アルコール度数】16.5%
口あたりからボリュームあり。控えめで上品な香りと甘み。べたつきすぎない品の良い甘口。
Cantocuerdas Albillo 2018
カントクエルダス・アルビーリョ 2018
【キュヴェ】「Cantocuerdas」とはスペイン語で「ともに歌う」という意味
【品種】アルビーリョ・レアル 100%   【タイプ】辛口白ワイン
【区画】地中海性の木々が育つ森に囲まれた3つの区画   【畑立地】標高715m~740m
【土壌】石英が豊富に含まれた深い花崗岩質   【樹齢】約90年
【全房使用率】1/3   【マセラシオン】低温にて36時間
【発酵】除梗分と全房分を分け、いずれも低温にてシュールリーでバトナージュを行わず、50日間野生酵母による自然発酵
【熟成】フレンチオーク樽(500L)にて、バトナージュ無しで11ヶ月間
【生産本数】1,500本
【アルコール度数】12.5%
穏やかな酵母的なニュアンスと、引き締まった果実。どこまでも透明な辛口白ワイン。酸は柔らかく、ビシッと入っている。重心低く、透き通るような白ワイン。

Carril del Rey 2018
カリル・デル・レイ 2018
【キュヴェ】南向きの畑の樹齢がまもなく80年を迎えるガルナッチャを用いて造られ、「王様の小路」と名付けられた、美しいアロマを持つシングル・ヴィンヤードの赤ワインで、他のキュヴェに比べてパワフルな印象です。
【品種】ガルナッチャ 100%   【タイプ】赤ワイン
【畑面積】4.2ha   【畑立地】南向きのなだらかな斜面   【ブドウ樹】南向きながら晩熟
【土壌】深い花崗岩   【樹齢】約75年   【植樹密度】2000本/ha
【全房使用率】100%   【マセラシオン】低温にて24時間
【発酵】フレンチオーク古樽を用いて低温にて45日間,過度な抽出を防ぐため優しく足でピジャージュを行いながら野生酵母による自然発酵
【マロラクティック発酵】フレンチオークのバリックにて行う
【熟成】フレンチオーク古樽(500L)で11ヶ月間熟成させ、さらに別の古樽に移し替えて5ヶ月間寝かせる。
【生産本数】1,500本
【アルコール度数】14.0%   ◆無濾過
透き通る色調にして詰まった果実。口に含むとボリュームと丸みのあるタンニン、骨格が感じられる。ミネラルで柔らかなガルナッチャ。
Cantocuerdas Moscatel Seco 2017
カントクエルダス・モスカテル・セコ 2017
【キュヴェ】土着品種 モスカテル・デ・グラノ・メヌードを用いた革新的でドライな意欲作キュヴェ
【品種】モスカテル・デ・グラノ・メヌド 100% (非常に小粒)   【タイプ】辛口白ワイン
【区画】土壌の深さや、向きが異なる3つの古い区画   【樹齢】40年前後
【収穫】熟しすぎないように早めに収穫
【マセラシオン】ゆっくりと抽出するため、低温にて24時間
【発酵】フレンチオーク樽にて、人的介入は最小限に抑え、野生酵母による自然発酵
【熟成】フレンチオーク樽(300L & 500L)にて、バトナージュ無しで8ヶ月間
【生産本数】1,000本
【アルコール度数】13.5%
小さな赤い果実、ライチ、熟れた桃の良い香りと透き通る果実。柔らかな酸の綺麗な辛口の仕上がり。アフターミネラル。
Vina Bonita 2018
ビニャ・ボニータ 2018
【キュヴェ】樫の木やジュニパーベリー、タイム、野生のバラ、そして樹齢100年の堂々たるオリーブの樹などが茂る標高700mの山頂に位置する畑育つ、収量の少ない樹齢約90年の古樹のガルナッチャを用いて造られたシングル・ヴィンヤードの赤ワイン
【品種】ガルナッチャ 100%   【タイプ】赤ワイン
【区画面積】2.6ha   【土壌】圧縮されたミネラル豊富な花崗岩   【樹齢】約90年   【植樹密度】2200本/ha
【全房使用率】100%   【マセラシオン】低温にて36時間
【発酵】フレンチオーク古樽を用いて最大70日間、過度な抽出を避けるため足で優しくピジャージュを行いながら野生酵母による自然発酵
【マロラクティック発酵】フレンチオーク古樽(225L)にて行う
【熟成】いくつかのグループに分け、大きさの異なるフレンチオーク古樽にて14ヶ月間熟成させた後、別の古樽に移し替えてさらに6か月間
 寝かせ、さらにステンレスタンクで数ヶ月間静置。
【生産本数】1.200本
【アルコール度数】15.0%
甘い熟した果実とボリューム感。力強いタンニン。樽のニュアンスあり、果実に馴染んでいる。力強い赤ワイン。

Navaherreros Garnacha 2018
ナバエレロス・ガルナッチャ 2018
【キュヴェ】San Martín de Valdeiglesias/サン・マルティン・デ・バルデイグレシアスのテロワールを表現した 「村のワイン」 というコンセプトのもと、ボデガ全域のブドウを用いて区画ごとに分けて醸造し、美しい酸を生かし、粋を集めてアッサンブラージュした赤ワイン。キュヴェ名は「ガルナッチャの船」という意味です。
【品種】ガルナッチャ 100%   【タイプ】赤ワイン
【区画】いずれも古い区画で、様々な方角でテロワールが異なります。それぞれの区画の広さは0.3ha~3ha。
【標高】700m~840m   【樹齢】50年~90年   【土壌】花崗岩   【植樹密度】1900本~2200本/ha
【マセラシオン】低温にて24時間   【全房使用率】100%
【発酵】区画ごとに分け、コンクリートタンクやステンレスタンク、フレンチオーク古樽を用いて、過度な抽出を避けるため優しくピジャージュを
 行いながら、35日間、野生酵母による自然発酵
【熟成】いくつかのグループに分け、大きさの異なるフレンチオーク古樽にて11ヶ月間熟成させ、別の古樽に移し替えて6カ月間寝かせ、さ
 らにステンレスタンクにて数カ月間静置したのち瓶詰。
【生産本数】24,000本
【アルコール度数】14.5%
ミネラル。ボリュームの前に果実の旨味を感じることができる赤ワイン。タンニンは細かくて熟していて、とても素敵です。だらっとダレない、グルナッシュ・ノワール。
Arroyo del Tortolas 2018
アロヨ・デル・トールトラス 2018
【キュヴェ】土壌のわずかな違いによって栽培や収穫期、除梗の割合を調整して造られ、「トールトラス川の流れ」と名付けられた、明るく力強いアロマティックなシングル・ヴィンヤードの赤ワイン
【品種】ガルナッチャ 100%   【タイプ】赤ワイン
【区画面積】2.2ha   【畑立地】標高820m~850mで、北向きの丘陵地   【土壌】浅い花崗岩で斜面に沿って特徴が変化
【樹齢】約80年   【全房使用率】80~100%   【マセラシオン】低温にて36時間
【発酵】フレンチオーク古樽を用いて低温にて、55日間、ほぼ毎日足で優しくピジャージュを行いながら、野生酵母による自然発酵
【マロラクティック発酵】フレンチオーク古樽(225L~600L)にて行う
【熟成】フレンチオーク古樽(500L)で13ヶ月間熟成させた後、別の古樽に移し替えて6カ月間寝かせ、さらにステンレスタンクで6カ月静置
【生産本数】2.200本
【アルコール度数】15.5%
熟した果実の香りの中にチェリー的な酸のニュアンス。詰まった果実と骨格、そしてタンニン。ザ・グルナッシュな赤ワイン。
Navaherreros Blanco 2017
ナバエレロス・ブランコ 2017
【キュヴェ】San Martín de Valdeiglesias/サン・マルティン・デ・バルデイグレシアスのテロワールを表現した 「村のワイン」 というコンセプトのもと、ボデガ全域のブドウを用いて区画ごとに分けて醸造し、豊かな果実味生かし粋を集めてアッサンブラージュした辛口白ワイン。キュヴェ名は「白い船」という意味です。
【品種】①75%:アルビーリョ・レアル  《土壌》花崗岩  《区画》方角の違う数区画  《樹齢》70年~80年
     ②25%:マカベオ  《標高》830m  《樹齢》35年
【タイプ】辛口白ワイン
【マセラシオン】低温にて ①アルビーリョ 24時間 ②マカベオ 48時間
【発酵】区画ごとに分け、フレンチオーク古樽にて野生酵母による自然発酵
【熟成】①アルビーリョ:フードル(2500L)にて10カ月間  ②マカベオ:フレンチオーク古樽(500L~1500L)にて9ヶ月間
【生産本数】15,000本
【アルコール度数】12.0%   ◆無濾過
前面にミネラル。透明感あり。マスカット的な穏やかな香り。とっても素直な白ワイン。
 
 

 

ベルナべレヴァとは

 
 

詳細・歴史

ボデガ 『ベルナベレヴァ』 は、スペインの首都マドリッドから75分のところにある瀟洒な街 San Martín de Valdeiglesias/サン・マルティン・デ・バルデイグレシアスの Cerro de Guisando/セロ・デ・ギサンド山脈と Gredos/グレドス山脈のふもとに位置しています。すぐそばにはローマ時代にLusitania/ルシタニア県と Tarraconense/タラコネンセ県との境界線となっていたTórtolas/トルトラ川があり、この地には人々の長い歴史が刻まれてきました。ボデガの歴史も古く、約100年に渡りますが、その起源は1923年にマドリッドの名医、Dr.Vicente Álvarez-Villamil/ビセンテ・アルバレス・ヴィラミル博士が土地を購入したことから始まります。彼は高貴な品種ガルナッチャを植え、ボデガを「ベルナベレヴァ:熊の棲む森」と名付けました。現在は子孫らが受け継いでおり彼らは何十年もの間、ヴィラミル博士が創業当時に植えた古いブドウ樹を植え替えることはせず、決して今のスペインの流行に流されることなく、膨大な手間と時間を費やしながら、誠実で、高品質で、希少価値の高いワインを生み出し続けています。古い写真の笑顔の女性は、ヴィラミル博士の娘ルイーザさんです。
 

哲学

『ベルナベレヴァ』 では自然とのバランスを尊重した畑仕事が行われています。有機栽培の認証を受けることは彼らの目標ではないため、敢えて取得してはいませんが、それに相応しい栽培方法を厳密に取り入れ、100年に渡り、365日休むことなく努力を続けています。ボデガでは、この先の未来においても高品質なブドウを育て続けていくためには、「環境と調和し、自然のサイクルを重視し、丹念に自社畑の手入れをすることが唯一の方法である」と捉えています。その哲学に基づいて育まれたブドウを用いて造られたワインは、それぞれの標高、方角、土壌、樹齢などの特徴をしっかりと表現しています。
 

ロゴ

『ベルナベレヴァ』 のロゴは 「狩猟の女神 」と 「熊」 を表しています。ギリシャ神話に登場する狩猟の女神は、精霊の棲む森を献身的に守り、ブドウの収穫を祝ってワインを讃える儀式では、熊を伴っていたという話が伝えられています。また「ベルナベレヴァ」とは、「熊の道」や「熊の棲む場所」、または「熊の隣」という意味があり、これら2つのインスピレーションを受け、ロゴには狩猟の女神が熊にまたがるモチーフがデザインされています。
 

畑・栽培・収穫

畑仕事は馬と共に全て手作業で行い、家畜の牛の糞の堆肥を使用し、有機レベルの高い土壌を丹念に整え、ケミカルなものは一切使わない伝統的な有機農法で栽培、管理しています。冬と春の剪定などの多くの畑作業は月の暦に合わせて行われています。あえて有機栽培の認証は取得していません。
【自社畑】古樹が植えられた畑を合計35ヘクタール所有
【区画】広さ、土壌、方角、斜度などのテロワールの条件や樹齢に基づき、細かく区画を分けて管理
【標高】600m830m
【土壌】主に茶褐色で比較的酸性度の高い風化した花崗岩から成る砂質海抜830m以上の高地の区画は土壌が浅い
【栽培品種】ガルナッチャ、アルビーリョ、モスカテル・デ・グラノ・メヌード、モレニーリョ、ガルナッチャ・ブランカ
【年間降水量】約628mm
【収穫】12kg用のバスケットを用いて、手作業で行います。
 

醸造

【マセラシオン】ゆっくりとした抽出ができるよう、低温で24時間
【発酵】区画ごとに分け、それぞれに合った発酵槽を用いて、人的介入は最小限に抑え、野生酵母による自然発酵を促します。
【マロラクティック発酵】全ての赤ワインで30日間以上
【熟成】大小さまざまなサイズのフレンチオーク樽を用いて、それぞれのキュヴェに合わせた熟成期間を経ます。輝くほどの華やかなアロマを覆い隠すことがないよう、新樽はほとんど使用しません。

 
Wine Shop WINEHOLIC

Wine Sop WINEHOLIC